秋田・角館の小さい酒屋『スガワラショップ』家族経営の菅原家 飲んだワイン・お酒 新入荷情報等・・・
2017-05-23 (火) | 編集 |


今年はめずらしく気持ちのいいお天気が続きますね^^

田植えもスムーズに進んで、農家の皆さんは助かってるんではないでしょうか・・・


今日ご紹介するのは、限定700本!^^

新しく奥田酒造から発売されたお酒ですよ(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー

千代緑 その、ひとひら 美桜酵母 純米吟醸

720ml 1,550税込

使用米:秋田酒こまち

酵母:秋田美桜酵母 

日本酒度:+2.5

酸度:2.0

濃醇辛口。アルコール16.5%

瓶燗一回火入れ(保管は要冷蔵でお願いします)持ち運びは常温OK!

果物のような爽やかな香り、白ワインのようなさっぱりとした味わい

4


美桜魁

販売日に魁にも掲載されました^^

 

秋田美桜酵母

能代市二ツ井町 きみまち坂公園のサクラから分離した天然酵母。

日本酒に使われるのは 初の試み!

バランスよく仕上がった 限定の 夏酒です お早めに!!!

あ!(。-_-。)明日23日は 実店舗 スガワラショップの月1回の不定休日です。

どうぞ宜しくお願い申し上げまする~ヽ(≧∀≦)ノ


↓ぽちっとね

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ 
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ ←スガワラショップのある角館に行きたいと思ったらこっちをね
にほんブログ村

スポンサーサイト


2017-05-15 (月) | 編集 |

新緑がきれいな季節ですねヽ(≧∀≦)ノ

お店には夏酒と呼ばれる日本酒が入りはじめましたよ^^

夏酒akita1


さて本題です!

2016年11月に一般社団法人awa酒協会が発足されました!詳しくは→ http://www.awasake.or.jp/

awa酒協会では、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、世界のラグジュアリーな乾杯シーンで日本のawa酒がシャンパンやスパークリングワインと肩を並べる存在になることを目指し、国内の蔵元同士の連携を強めるとともに、awa酒の認定基準を定めることによる品質向上を図り、普及促進に努めていきます。

という、日本酒好きシャンパ好きには「待ってました!」^^という協会ができました^^

そこでは、フランスの格付けのような基準がつくられております。

awa酒認定基準

基準を満たしているかどうか、監査官を派遣し、商品や製造工程を確認します
味や品質(アルコール濃度や、ガス気圧)については専門機関による分析を実施します

商品開発基準

  1. 米(※1)、米こうじ及び水のみを使用し、日本酒であること
  2. 国産米を100%使用し、かつ農産物検査法により3等以上に格付けされた米を原料とするものであること
  3. 醸造中の自然発酵による炭酸ガスのみを保有していること(※2)
  4. 外観は視覚的に透明であり、抜栓後容器に注いだ時に一筋泡を生じること
  5. アルコール分は、10度以上であること
  6. ガス圧は20℃で3.5バール※2(0.35メガパスカル)以上であること

                  


そして、今年の4月にawa酒協会において審査を実施した結果、

9製品が『awa酒』として認定されました!\(^o^)/


秋田県では 秋田清酒の 「出羽鶴 明日へ」が見事認定されました!

awasake_nintei_11.png IMG_6125.jpg 明日へR 

「出羽鶴 明日へ」

「ドライな味で、ハーブなどを使ったスパイシーな肉料理にもぴったりなawa酒『出羽鶴 明日へ』。料理と響き合うような味わいが感じられるスパークリングです」と伊藤さん。(画像コメントはsaketimes掲載)

 

発売に先駆け 予約を承ります∠( ^ o ^ ┐)┐ ヨォ…

初回限定400本です。是非ご予約お願いいたします

TEL0187-55-2242

FAX0187-55-2245

メール sugawara_shop@ybb.ne.jp


awa酒認定商品

瓶内二次発酵 発泡性日本酒

「出羽鶴 明日へ」720ml 5,000円税別

原料米:秋田酒こまち(蔵周辺地域契約栽培米)

精米歩合:55%

酵母:UT-1(AKITA雪国酵母)

日本酒度:+9

酸度:1.5

アミノ酸:0.8

アルコール度:13.6度

ガス圧:4.4


シャンパンもいいけど、

乾杯はやっぱり故郷の秋田の日本酒で!

が通例になったら嬉しいですね^^



 








2017-05-08 (月) | 編集 |

 新入荷ワインを飲んでみました!

とっても春らしい 癒されワイン ルンルンp(*^-^*)q気分になります

でも 甘口ではないですよ


ドメーヌ トマ・モレ

ブルゴーニュ ブラン 2015

    スガワラショップ価格 3,700 税込


TMb15.jpg

辛口ですが、優しいまあるい液体^^

白い花のイメージ!トースト、ミネラル、ヘーゼルナッツ、かすかにハチミツ、

強くない絶妙なバランス良い心地よい飲みごごち^^


GWの忙しさを吹き飛ばしてくれる 癒される美味しさでした^^


ドメーヌ トマ・モレ

シャサーニュ・モンラッシェ村のトップドメーヌだった偉大なる父”ベルナール・モレ”の引退を機に2007年に畑を譲り受け、祖父のセラーに本拠を構えました。

3年間(2007~2009)D.R.Cのモンラッシェの栽培責任者として担当!していましたが、今は自身の畑に専念しています。

以前からビオに取り組んでおり、2011年産からはほとんどがビオロジック、一部ビオディナミ。


飲みたいと思ったら

ぽちっとね↓

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ 
にほんブログ村



2017-04-29 (土) | 編集 |

角館の桜まつり~開催中

今日は川堤の桜が満開です!4/29

17土手


17土手29日

少し曇ってて画像が悪いですが 2Kmにおよぶ 桧木内川堤の桜トンネル 満開!

日中雨に打たれましたが 元気に咲き誇ってますよー

今はもう雨が上がりました^^

夜桜見物にお出かけくださいませーー

例年よりすごく寒いので 厚着して来てくださいね!(まんつさんび!)

コートやジャンパーは必需品ですよ


17夜桜もつ

あたたかい モツ煮 牛筋煮 焼き鳥 角館ケバブもお目見え中

うどん そば もあるし メニュー見てるだけで楽しー

あ!桜を見るのがメインですよ モチロン

こんな感じ!手に届くところでみれるので 感激します!

17夜桜

ライトアップしてますから 

夜のお散歩にでかけましょう!

スガワラショップは夜8時まではあいてます^^

よってたんせー

朝は7時からOPENしてます(^-^)/

明日は日曜で道路も混むと思われます 早めにきて満開の桜みてくださいね

10時から道路規制で武家屋敷 河川敷駐車場は一般車両が入れません

又右折禁止の道路等ややこしくなります、お早めに出発してくださいね

商店街の中にも臨時駐車場があっちこっちにあります


17店5 17店4  17店3 17inaba2.jpg 1997.jpg

バイエ白14 バローロ ペツオーレura










2017-04-25 (火) | 編集 |

角館桜まつり開催中~5月5日

武家屋敷や家々のしだれ桜はほぼ満開です ヽ(≧∀≦)ノ

土手沿い ソメイヨシノ桜は五分くらいかな・・

お天気みて是非お出掛けくださーい


今日は千代緑の限定の新商品のご紹介です!

 

千代緑美郷

千代緑 蔵付酵母(MS3)  純米吟醸 ”美郷錦” 

 720ml 1,620税込

 1.8 L  3,420税込


秋田県美郷町産 美郷錦100%使用 精米歩合50%

酵母には、蔵付酵母MS3

日本酒度:  +3.5

酸 度 :   1.7

アルコール:16.5%


味見しましたよー(ノ´▽`*)b☆お客様と一緒に・・・カウンターで!

上品でいい香り~♡

味わいは、まんつジューシーな甘みがきて

溶け込んだ酸味を感じつつ、

きゅ~んと、キレ上がったー( ゚Д゚)ひゅーうーん!

べたつき無く、美味しい~辛味があとからあとから優しーく追いかけてくる~

これ美味しいー。。。。。ヽ(≧∀≦)ノ

この春のお薦めにします!


千代緑 醸造元「奥田酒造」

延宝年間に大仙市協和境に創業。代々重右衛門を名乗る当主は十九代目。奥羽山糸の清冽な伏流水で造り全ての水を賄う。杜氏を含めた6人の職人が秋田県山内村より蔵人として冬季に入り、常用の4人とチームを組んで造りを行う。小さな蔵なりにチームワークと、愛情のこもった手造りの酒を醸し出しています。特に酒造りで一番大事とされている麹は、勤続30年以上の麹屋が“千代緑”の味を大切に守っているそうです。小さいながらも毎年目が離せない蔵元です。


秋田のお米 ”美郷錦”       

秋田では造ることが困難な山田錦に 美山錦を交配して、選抜を行い育成された品種。

栽培困難で栽培農家はごく僅からしいっす!

亀の尾 と並んで入手困難な品種です!

吟醸用米として高い評価を得ています!

 50%精米でこのお手頃価格は かなりのお得感を感じましたo(≧ω≦)o  


↓ぽちっとね

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ 
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ ←スガワラショップのある角館に行きたいと思ったらこっちをね
にほんブログ村