ル・ビュイッソン・プイユ2009

Le Buisson p
こんばんのワインは

ル・クロ・デュ・テュ・ブッフ
ル・ビュイッソン・プイユ 2009

黄金色までいかない、うすいイエロー色。
厚みのあるミネラルのかたまりだ~。
酸が味わいを一段と引き締めていて余韻に長く続く。

冬のフジリンゴの味がする。
しんがあってエレガント~においしい。

ジャン マリ と ティエリーピュズラ(兄弟)が手掛けている。

樹齢45~60年のソーヴィニヨン・ブラン。


↓クリック!
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2月25日ワイン会のワイン

223cg.jpg
クロ・デュ・マルキ2006
果実味・酸味のボリュ-ムがあり、これからまだまだ向上していきそうなポテンシャルを持ったワインです。
でも、血統の良さは十分に堪能できました。


223gc.jpg


ジュヴレ・シャンベルタン キュヴェ・ド・シャン・シュニュ2007

鉄分を感じるジュヴレーらしい香りと、黒系果実の香りが素晴らしい、
味わいもこなれて、久しぶりに感動!うまいピノノワール!
ロテイはやっぱりいい造り手です。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

第118回角館ワイン会

秋田県 角館町 2012年2月25日
田町武家屋敷ホテル内 樅の木亭 参加11名

1.Brut Cuvee Tradition
ブリュット キュヴェ トラディション

生産地:フランス(シャンパーニュ地方) 生産者:シャンパーニュ・エメランス社
ブドウ:ピノ・ノワール種80%,シャルドネ種20%
同社はエペルネの南に位置し1952年に初代ジルベール・グリュエ氏によって設立された家族経営のメゾンで、設立当初はジルベール・グリュエの名で販売しておりましたが、1993年からは現在の名前でシャンパン造りを行っております。
現在、同社は手頃な価格で高品質のシャンパーニュを提供するメゾンとして、フランスのみならず海外でも高い評価
2.Macon-Chaintre les Pierres Polies 2009
マコン=シャントレ レ ピエール ポリ
生産地:ブルゴーニュ地方マコネー地区
生産者:ドメーヌ・ダニエル・エ・マルティン・バロー
ブドウ:シャルドネ種100%
プイィ=フュイッセを構成する4つの村の中では最も北に位置するヴェルジソンの集落で4世代にわたってブドウ栽培に従事してきたバロー家だが、ドメーヌの設立は比較的新しく1979年のことです。 現在は7ha強のブドウ畑を所有し、アペラシオン最高の作り手として高い評価を受けております。
ブドウ栽培は昔から用いられているボルドー液を使用するのみで、ほとんどビオロジックで行なわれております。収穫時は完熟したブドウのみを手摘みで収穫。
すぐにプレスされ、その後10~12時間のデブルバージュを経て、野生酵母を使って発酵。約10~15ヶ月の樽熟成を行なって瓶詰めされます。
「マコン=シャントレ・レ・ピエール・ポリ」は1985年に植樹された区画で、しなやかで豊かなワインが生み出されております。

3.Gevrey-Chambertin Cuvee de Champs Chenys 2007
ジュヴレ=シャンベルタン キュヴェ ド シャン シュニュ
生産地:ブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ地区村ジュヴレ・シャンベルタン村
生産者:ドメーヌ・ジョセフ・ロティ
ブドウ:ピノ・ノワール種100%
ロティ家は現当主(ドメーヌとしては12代目)フィリップ・ロティ氏で23代目となるジュブレ・シャンベルタンの名門ドメーヌです。
以前より亡くなった父ジョセフ・ロティ氏に代わり畑仕事や醸造を行ってきたフィリップ氏が、弟のサポートを得て、精力的にドメーヌ運営を行っております。
ドメーヌが所有するブドウ畑には多くの古木があり、地中深くまで伸ばした根が、様々な要素を地上に引き上げることによって高品質な原料ブドウを得ております。また、リュット・レゾネで栽培されたブドウは最新の選別機やプレス機を使い搾汁、トロンセ産の樽を100%使い1年近く熟成。清澄や濾過を行わず瓶詰めを行っております。
「シャン・シュニュ」はグラン・クリュ「シャルム・シャンベルタン」と地続きの区画で1934年植樹のブドウ樹が主体となっております。 年産約3000本


4.Clos du Marquis 2006
クロ デュ マルキ
生産地:ボルドー地方メドック地区サン=ジュリアン村
ブドウ:カベルネ・ソーヴィニヨン種65%、メルロー種19%
カベルネ・フラン種13%、プティ・ヴェルド種3%(作付け)
第2級格付け「レオヴィル・ラス・カーズ」は18世紀にメドック中で、最高の勢力を誇った貴族の領地でした。優れたブドウ畑はジロンド河をのぞむ砂利質の土地にあって、「ラトゥール」と境を接しております。
  第二次大戦後、先代のミッシェル・ドロン氏が荒廃したブドウ畑の植え替えを進め整備。90年代にはミッシェル・ロラン氏を起用するなど様々な取り組みにより評価を不動のものとしました。 父の後を継いだ現当主のジャン・ユベール・ドロン氏はさらに上品さと緻密さを追求。 1級シャトーと同等の品質を実現しております。
「レオヴィル・ラス・カーズ」のセカンドワインである「クロ・デュ・マルキ」はメルロー種の比率がやや高く膨らみのある滑らかな印象とな
っております。品質は高く「レ・フォール・ド・ラトゥール」とともにセカンドワイン最上の評価を受けております。

ポチッとね↓
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


続きを読む