秀よし 蔵開き2017 参加してきました!

角館に一番近くにある酒蔵 「秀よし」の蔵開きに参加してまいりました

今年の蔵開きの応募数は1200名だったそうですォ━━(#゚Д゚#)━━!!

抽選で200名が参加できます


今回は旅館雲沢・雲沢ドライブインさんの息子さんが見事当選^^

『弟がいけなくなったから代わりにいきませんか」?

嬉しいお誘いいただきご一緒させていただきました(*^_^*)


hideyosi17.jpg

まずウエルカムドリンクに苺入りラシャンテをいただきながら

酒蔵の中を案内してもらいます

hideyosimuro.jpg

時間になると 八乙女が塗枡の中になみなみとそそがれます^^

hideyosirinrin.jpg

 麹家りんりんさんの社会人落語を聞きながら一口^^

社長の挨拶でひとくち、乾杯の発声でひとくち

その後も余興が続きます


hideyosiminyou.jpg


hideyosiyamakagemasaru.jpg

津軽三味線奏者 やまかげまさるさん^^発見!

演奏も流れました!(生演奏ではないでしたが、)しびれる~素敵な音色でした・・・

ジャンケン大会では高級酒をばんばんプレゼント

うらやましい~

つめ放題した酒粕とお土産もって帰ります


兄さんありがとう!

秀よしさん ご馳走様でした^^






スポンサーサイト

クラブ31ワイン会 2017 ~スペイン~

20170131c31.jpg

2017 1月31日 クラブ31 ~スペイン~

              秋田市 レストランおいしんぼにて

20170130aa.jpg 20170130bb.jpg 20170131cc.jpg

  1. Colosia Fino コロシア フィノ

    生産地:アンダルシア地方   生産者:グティエレス・コロシア

    ブドウ:パロミノ種100

    グティエレス・コロシアはグアダッレーテ河口に面する唯一のワイナリーで、河口

    からの湿気が「フロール(酸膜酵母)」の形成に最高の環境となっています。

    「コロシア・フィノ」は伝説のレストラン「エル・ブジ」が愛したフィノとしても

    知られ、ステンレスタンクで醗酵後、オーク樽(500L600L)で35年の熟成を

    行って造られています。

     

  2. Exceptional Harvest 2015

    エクセプショナル ハーヴェスト

    生産地:アンダルシア地方   生産者:ヒメネス・スピノラ

    ブドウ:ペドロ・ヒメネス種100

    スピノラ家の歴史は古く1729年にはフェリペ・アントニオ・サルサナ・スピノラ

    氏が輸出をしていた記録が残っています。現在は8代目のホセ・アントニオ氏が

    ペドロ・ヒメネス種100%による極甘口シェリーに特化して運営しています。

    「エクセプショナル・ハーヴェスト」は収穫されることなく摘み残された極上のペ

    ドロ・ヒメナス種から造る類稀なアロマを持った辛口ワインです。

     

  3. Finca Morenillo 2010

    フィンカ モレニーリョ

    生産地:カタルーニャ地方テラ・アルタ    生産者:セニョール・ピニョル

    ブドウ:モレニーリョ種100

    セニョール・ピニョルは1945年に設立。現在は4代目のフアンホ・ガルセラ・ピ

    ニョル氏が運営しています。設立当初はペネデスの大手生産者にバルク販売をして

    いましたが醸造学を修めたフアンホ氏がワイナリーに参画した1995年から自社瓶

    詰めをスタートさせました。

    「フィンカ・モレニーリョ」は現在ほとんど栽培されていない幻の地ブドウ、モレ

    ニーリョ種をステンレスタンクで醗酵後、500Lのフレンチオーク(新樽60%)で

    15ヶ月の熟成および4ヶ月の瓶熟成を行って造られています。

     

  4. Atteca Armas 2011

    アッテカ アルマス

    生産地:カタルーニャ地方プリオラート   生産者:アテカ

    ブドウ:ガルナッチャ種100

    アテカとはボデガのある村の名前です。ブドウ畑はアテカ山の中腹および周囲の村

    に位置し、樹齢30100年のガルナッチャ種が植えられています。

    「アッテカ・アルマス」は1910年に植えられたガルナッチャ種をステンレスタン

    クで1週間の醗酵後、樽に移して醗酵を続けます。その後、手動式垂直型プレス機

    で圧搾。フレンチオークで18ヶ月の熟成を行って造られています。

     

  5. Casa Castillo Pie Franco 2010

    カサ カスティーリョ ピエ フランコ

    生産地:バレンシア地方フミーリャ

    生産者:プロピエダ・ビティコラ・カサ・カスティーリョ

    ブドウ:モナストレル種100

    プロピエダ・ビティコラ・カサ・カスティーリョは「エル・アルティプラノ・デ・

    フミーリャ(フミーリャの高原)」と呼ばれるエリアに位置します。

    現時はフミーリャのトップ生産者の一つとして注目されています。

    「ピエ・フランコ」とは「接ぎ木無し」に意味でラ・ソラナという畑に1941年に

    植えられた接ぎ木をしていないモナストレル種から造られます。

    醸造は石のタンクを使い天然酵母で醗酵。マロラクティック醗酵は澱と共にフレン

    チオークの新樽で行います。その後、18ヶ月の樽熟成を行って造られています。

     

  6. Rejon 2012

    レホン

    生産地:カスティーリャ・イ・レオン   生産者:トリデンテ

    ブドウ:ティンタ・デ・トロ種100

    トリデンテはヒル・ファミリー・グループのボデガで所有するブドウ畑はサモラと

    トロに50ヶ所以上に分れています。

    醸造はオーストラリア人のフランク・ゴンザレス氏が担当しています。

    「レホン」はトロのエリアにあるエル・ペゴに所有する樹齢130年以上のテンプラ

    ニーリョ種を使い小さなタンクで醗酵。その後225Lのフレンチバリックで約20

    ヶ月の熟成を行って造られています。

     

     

  7. Tinto Pesquera Gran Reserva 1992

    ティント ペスケラ グラン レゼルバ

    生産地:カスティーリャ・イ・レオン地方リベラ・デル・デュエロ

    生産者:アレハンドロ・フェルナンデス  ブドウ:テンプラニーリョ種100

    アレハンドロ・フェルナンデス氏によって1972年からスタートしたティント・ペ

    スケラ。 ロバート・パーカー氏がペスケラのスタンダードキュヴェに「これぞス

    ペインのペトリュス」とコメントするや、瞬く間に世界中から注目を集めるスペイ

    ン屈指の生産者となりました。

    フェルナンデス氏はスペインの伝統的なレゼルバ、グラン・レゼルバの製法と、リ

    ベラ・デル・デュエロの原生品種であるテンプラニーリョ種にこだわったワイン造

    りを行なっております。

    「ペスケラ・グラン・レゼルバ」はアメリカンオークの樽で約24ヵ月の熟成と

    12ヶ月の瓶内熟成を行なって造られております。

     

  8. Pedro Ximenez

    ペドロ ヒメネス

    生産地:アンダルシア地方   生産者:ヒメネス・スピノラ

    ブドウ:ペドロ・ヒメネス種100

    生産者情報:№2参照

    「ペドロ・ヒメネス」に使われるブドウは9月上旬に100%手摘みで行われます。

    また、極甘口のシェリーを造るために収穫されたブドウは圧搾前にブドウの天日干しを行っています。

    このように収穫したブドウを100%天日干しする生産者は現在ではヒメネス・スピノラのみとなっています。

    醸造では「補酸、酒精強化、冷却安定」などの作業を一切行っていません。

    250Lのオーク樽で醗酵、200L250Lのオーク樽で最低15年の熟成を行って造られています。

    「ペドロ・ヒメネス」は酒精強化を行わないため、果実酒の表示となります。

 

20170131c.jpg

20170131b.jpg

20170131a.jpg

 

2017年初の 美味しい楽しいワイン会でしたv(o゚∀゚o)v一正