秋田・角館の小さい酒屋『スガワラショップ』家族経営の菅原家 飲んだワイン・お酒 新入荷情報等・・・
2017-08-29 (火) | 編集 |

大曲の花火が終わって

帰りに寄ってくれたお客様の「感動しました!またきます」の声が嬉しいですね

大雨あとの普及にあたってくれた皆様方に心から感謝申し上げます^^

ホント凄い!さすが花火の町「大曲」!


今日(わたくし祐子)は 商工会女性部員として「接遇セミナー」に参加しました


講師は大仙市在中の加藤菜津子さん

katousep.jpg


katouse.jpg

話し方が素敵!

katouse2.jpg

ずっと聞いていたいお話が次から次からでてくる


人の第一印象は3~15秒で決まってしまう。見た目大事!声も,仕草も、目も口元も゚(゚^∀^゚)σ。゚

笑顔

言葉使い

相づち

電話に出た時の、印象も大事!


県外の方の秋田の 第一印象は、「元気がない!暗い!」だそうです

「お店に入っても、挨拶すら無い、この街はなんだ!」と2年前すごく怒りながら店にお客様(60代男性)が入店されたのを思いだしてしまいます

どこのお店でも挨拶してるはずなんです、その挨拶の方法がまったくダメだった訳ですね、納得してしまいました(私はご来店時脚立に上がり作業中だったので、かなり上から「いらっしゃいませ!すみませんここから・・・」とちゃんと挨拶して(笑)、たくさんお買い上げいただきましたよ^^)

挨拶の方法大事でした! 

即!笑顔とへそをお客様もほうへ向ける

♪───O(≧∇≦)Oようこそ!スガワラショップへ ────♪


「はい!」の声の出し方だけでも 3通り

謝る時、感謝しているとき、同意の時!では全然ちがう!

心掛け一つで、相手に伝わるものが全然違う!


katou3.jpg


自殺や離婚が多いのは 秋田県自体が 接遇不足だと納得

もっともっと笑顔や感謝のシャワーをお互いに浴びせあわないといけない!


仙北市の接遇のなっていないことにもみんなで共有しました、

「市町さんに言って全市民「接遇セミナー」けてもらいましょう」とやんややんや

接客はできていても接遇は訓練が必要で、小さい時からの繰り返しが一番身につくみたい

心の中で思っているだけではダメで、声に出してみる

1日に、相手のいいところを3っつ褒めること(従業員や取引業者さんも)

夫婦だったら6っつ(ノ´▽`*)b☆褒めてください!( ^ω^)テレますなあ

日々の努力が大事です

ユネスコ無形文化遺産登録されてお客様がたくさんいらっしゃいます

チャンスを逃さないように心掛けしましょう!


仙北市といったら○○!それはね〇〇だから!

心に残る挨拶「○○○○」

宿題をたくさん出されました、みんなで考えていきたいと思います


まず自分から心掛けましょう!と

 会員皆キラキラ笑顔で終わりました^^


 いいセミナーでした^^


スガワラショップに来たくなったらポチットね

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ 
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ ←仙北市のある秋田に行きたいと思ったらこっちをね
にほんブログ村




スポンサーサイト


2017-08-26 (土) | 編集 |

記念すべき100回目のクラブ31

 

 c31w8vin7.jpg

 

 

c31w8f1.jpg c31w8f2.jpg c31w8f3.jpg c31w8f4.jpg c31w8f5.jpg c31w8vg1.jpg c31w8vg2.jpg c31w8vg3.jpg c31w8vg4jpg.jpg c31w8vg5.jpg c31w8vg6.jpg c31w8vg7.jpg c31w8vg8.jpg

 

100回CLUB31 ~ サロンの会~  

      秋田市 レストランおいしんぼにて

       2017.8.25

    WINE LIST 

c31w8vin1.jpg    

Ruinart Blanc de Blancs

ルイナール ブラン ブラン

生産地:シャンパーニュ地方コート・デ・ブラン地区

    1792年、リネン商人でありドン・ペリニヨンの同僚ドン・ルイナール・ティエリィ・ルイナール氏の甥にあたるニコラ・ルイナール氏によって創設された世界で最古のシャンパーニュ・メゾンです。    1963年にモエ・エ・シャンドンに買収されましたが、品格へのこだわりを貫き、シャルドネ種のエレガントさを巧みに表現することから「シャルドネ・ハウス」の異名を持っています。

Salon1997

サロン

生産地:シャンパーニュ地方コート・デ・ブラン地区

1911年、ユジェーヌ・エメ・サロン氏によって、コート・デ・ブラン地区ル・メニル・シュール・オジェに創業しました。現在はユジェーヌ・エメ・サロン氏が購入した1haと契約農家が所有する19の区画、合計15haから「サロン」が生み出されます。「サロン」は、原料ブドウとしてこの村のグラン・クリュ畑で最上質のシャルドネ種のみを収穫、さらにその一番搾りの果汁のみ使用して造られます。

 Dom Perignon OEnotheque 1996

ドン ペリニヨン エノテーク

生産地:シャンパーニュ地方ヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区オーヴィレール村

ブドウ:シャルドネ種,ピノ・ノワール種

エノテークは貴重なヴィンテージは眠る「エノテーク」と呼ばれるセラーで貯蔵された、ごく限られたヴィンテージから選ばれた稀少なドン・ペリニヨンです。通常のドン・ペリニヨンの熟成期間を超えて澱引きせずに12年間熟成を続け、新しい熟成の段階を迎えた特別なドン・ペリニヨンです

 

c31w8vin2.jpg

Vire Clesse EJ Thevenet 2005

ヴィレ クレッセ EJ テヴネ

生産地:ブルゴーニュ地方マコネー地区ヴィレ・クレッセ

生産者:ドメーヌ・ド・ラ・ボンクラン

15世紀からテヴネ家が所有している歴史あるドメーヌで、現在はジャン・テヴネ氏と息子のゴーチェ氏によってドメーヌの伝統が引き継がれております。ブドウ栽培では化学肥料を一切使用しないビオロジックを長年に亘り実践。また、貴腐化したブドウも含まれます。ワイン名にある「E」は先代当主のユージェーヌ・テヴネ氏、「J」は現当主のジャン・テヴネ氏の頭文字となっています。

 Corton-Charlemagne 2005

コルトン=シャルルマーニュ

生産地:ブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ地区アロース・コルトン村

生産者:ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス

同社の創業は1731年。19世紀初頭からワイン業に専念するようになり、現在ではブルゴーニュ有数のネゴシアンであると共に130haという広大な自社畑を所有するコート・ドール最大のドメーヌとなっています。1995年にはシャンパーニュの老舗「アンリオ」のジョセフ・アンリオ氏がオーナーとなり栽培・醸造の根本的な見直しが行われました。「コルトン=シャルルマーニュ」は、コルトンの丘の最上部、標高300m以上に位置するブドウ畑から造られています。

 

c31w8vin3.jpg

 Vosne-Romanee 2011

ヴォーヌ=ロマネ

生産地:ブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ地区ヴォーヌ・ロマネ村

生産者:ドメーヌ・ロベール・シリュグ   ブドウ:ピノ・ノワール種100

1960年に創業した非常に小規模なドメーヌで害虫対策用の化学薬品の使用や、人為的な介入を厳しく制限した自然なブドウ栽培を行なっています。数年前からはDRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)が現在使用している選別機械を導入したことにより、雑味や青味のない甘く熟したブドウだけを選別できるようになりました。「ヴォーヌ・ロマネ」は4haの区画を使い、20%の新樽で熟成を行なっています。

 Charmes-Chambertin Tres Vieilles Vignes 2011

シャルム=シャンベルタン トレ ヴィエイユ ヴィーニュ

生産地:ブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ地区マルサネ村

生産者:ドメーヌ・ジョセフ・ロティ

格付け:特級

ロティ家はジュヴレ・シャンベルタンで長い歴史を持つ名門ドメーヌです。

ドメーヌが所有するブドウ畑には多くの古木があり、地中深くまで伸ばした根が、様々な要素を地上に引き上げることによって高品質な原料ブドウを得ています。収穫されたブドウは最新の選別機やプレス機を使い搾汁、トロンセ産の樽を100%使い1年近く熟成。清澄や濾過を行わず瓶詰めを行っています。

「シャルム・シャンベルタン・トレ・ヴィエイユ・ヴィーニュ」は1885年に植樹された樹齢126年という木から造られたドメーヌを代表する銘酒となっています。

 

c31w8vin4.jpg

 Chateau Pontet-Canet 2008

シャトー ポンテ=カネ

生産地:ボルドー地方メドック地区ポイヤック村

格付け:第5

ブドウ:カベルネ・ソーヴィニヨン種60%、メルロ種33

カベルネ・フラン種5%、プティ・ヴェルド種2%(作付け)

シャトーはポイヤック村の北部の丘、「Ch.ムートン・ロートシルト」の真南に接する81haのブドウ畑を所有しています。1975年にテスロン家の所有となりセラー、ブドウ畑への投資、セカンドワインの導入など品質向上のための努力が行われてきました。そして故エミール・ペイノー氏の協力などにより1990年代には飛躍的な品質向上がなされ、近年では1級シャトーと同等の評価を受けるまでになっています。2004年からは一部のブドウ畑でビオディナミ農法を採用、2008年からはボルドー格付けワインとしては初となるビオディナミ農法の完全採用に踏み切るなど、更なる高品質への追求を行っています。

c31w8vin5.jpg  

Chateau Latour 2004

シャトー ラトゥール

生産地:ボルドー地方メドック地区ポイヤック村

ブドウ:カベルネ・ソーヴィニヨン種75%、メルロ種20

カベルネ・フラン種4%、プティ・ヴェルド種1%(作付け)

「ラトゥール」は1963年から1989年まで英国のピアソン家によって運営されてきました。ピアソン家はステンレスタンクの醗酵槽の導入やブドウ畑の徹底した点検を行い状態の悪いブドウ樹はすべて植え替えるなど現在のシャトーの基礎となる大改革を行いました。その後、英国のアライド・ライオンズ社の経営を経て1993年にフランス人実業家のフランソワ・ピノー氏が購入、フランス人の手に戻ることになりました。

現在は1994年にわずか30歳で営業担当デレクターとして起用されたフレデリック・アンジェラ氏が34歳で総支配人に就任。栽培、醸造、人事など大胆な改革を行い見事にシャトーを運営しています。


c31w8vin6.jpg

 Chateau Margaux 1992

シャトー マルゴー

生産地:ボルドー地方メドック地区マルゴー村

ブドウ:カベルネ・ソーヴィニヨン種75%、メルロ種20

カベルネ・フラン種&プティ・ヴェルド種5%(作付け)

1960年代~70年代の「Ch.マルゴー」は当時の所有者であつたジネステ家の財政的な困難から十分な管理がなされず豊かさや凝縮感、高貴さに欠けるものでした。しかし1977年にアンドレとラウラ・メンツェロプーロス夫婦がシャトーを購入。莫大な資金を投入してブドウ畑や醸造所、地下セラーの大規模な整備を行うと共に有能なエミール・ペイノー氏をコンサルタントに招請するなど、第1級格付けシャトーとして輝かしい復活を遂げました。現在は娘のコリーヌ・メンツェロプーロスとシャトーの品質向上に多大な貢献を果たしてきた高名な総支配人ポール・ポンタリエ氏の下、第1級シャトーとして不動の品質を維持しています。

※ポール・ポンタリエ氏:1983年にシャトーに参画。30年以上に渡って総支配人を務めてきましたが2016327日、癌のため永眠。享年59


c31w8vin8.jpg

Chateau d’Yquem 1998

シャトー ディケム

生産地:ボルドー地方ソーテルヌ地区

作付け:セミヨン種80%,ソーヴィニヨン・ブラン種20%(作付け)

1855年、ソーテルヌとバルザックの優れた甘口ワインの格付けが行なわれた際に、Ch.ディケム」は1級格付けのワインとは別格扱いの、特別第1級(プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ)という栄冠に輝きました。

Ch.ディケム」はソーテルヌの中心、多くの第1級シャトーに囲まれた小さな丘の頂に位置し、100haを越えるブドウ畑を所有しています。ブドウの摘み手のほとんどが常雇いの熟練した人間で、完熟した貴腐ブドウの粒のみを収穫しています。醗酵は新しい樫樽で行なわれ、42ヶ月におよぶ樽熟成を行なって造られています。造られるワインは、もっとも偉大なソーテルヌであり世界最高のデザートワインとして知られています。現在シャトーは1785年から1997年まで所有してきたリュル・サリュース家からLVMHに所有者が変わっています。

セレクト SUGAWARA SHOP

今回も素晴らしい美味しい楽しい会でした!by一正

c31w8m2.jpg c31w8m3.jpg

c31w8m4 (2)  



2017-08-26 (土) | 編集 |

今朝から涼しい朝の角館です^^

おとといの大雨は酷かったですね

7月22・23日で大雨に被災して、又・・・心からお見舞い申しあげます

4日前に「やっと落ち着いてここまで出てきた~」「床上30㎝だもんねまだかたずけてる」

と笑顔で寄ってくれた方のあたりは大丈夫だったかなあ、心配です(つД`)ノ


大曲の花火 普及活動間に合って 開催決定!

あの氾濫の翌日に準備できる力って凄い!

今日は晴れてますように、事故無く怪我無くいい花火大会になりますように祈!


大曲の花火 全国花火競技大会2017のHP

くわしくはHPへ↓

http://www.oomagari-hanabi.com/index.html


始まる前と 翌日は 是非 角館の武家屋敷 にもお寄りください

27日 角館樺細工伝承館 では

飾山囃子(おやまばやし)の実演がおこなわれます

お祭りの曳山の上で踊る踊りとお囃子が堪能できます^^

10時~

11時~

2回 時間あわせて 来てみてくださいねえ~


各町内ごとに 曳山の製作もはじっまていて 運がよければ見れますよ!


1台展示しているので 探してみてくださいね^^

ヒントは 西宮家の近く です! 









2017-08-20 (日) | 編集 |

西部2017

今日はお盆明けの日曜日 角館のお祭り 曳山の『山こしゃ』が始まりました^^

若い衆が協力して製作します。

(当店は 西部若者町内です!)

先輩方からの伝統を一から引き継いでいかないと、曳山は完成しません!

若い衆の数も減少しており、ひとりひとりの想いと責任がないと続けられないとおもいます

毎年頑張ってくれてる若い衆に頭が下がります


角館のお祭り イベント紹介↓仙北市HP

http://www.city.semboku.akita.jp/event/event.php?id=838


西部若者酒2017


今年のお祭り用のお酒も入荷いたしました

西部若者 1.8L 税込2,000円


角館に来た思い出に 是非どうぞ!冷でも燗でもOK!

西部若者のイメージにぴったりな クールなラベルの お酒です。

お祭り見物に来て 西部若者の雄姿を見て カッコイイ^^と思った方も買っていかれますよ


   西部若者2017酒  


3っ日間晴れますように(*´_ゝ`)事故ありませんように(。-_-。)パンッパン祈!


↓角館にある ワインと地酒スガワラショップに来たくなったらポチットね

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ 
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ ←スガワラショップのある秋田に行きたいと思ったらこっちをね
にほんブログ村










2017-08-17 (木) | 編集 |

お盆中はお天気に恵まれた角館でしたね^^

送り盆も過ぎて残る夏のお楽しみは「大曲の花火」ですかね^^


さて、先月22日・23日の秋田県内の記録的大雨の農林水産被害額が

91億2791万円と発表になりました。

お米・野菜の産地秋田には大変な痛手、心からお見舞い申し上げます。゚(゚´Д`゚)゚。

とくに被害が大きかったのはとなりの大仙市32億5086万円・秋田市22億6018万円


となり大仙市の酒蔵「出羽鶴蔵」もかなりひどい被害があり

蔵は1.2Mも浸水してしまったようです

一番ひどい精米所では4台の精米機が全滅等、ほかの高額機器もかなり

被害にあってしまったようです。

うちは家族経営の小さいお店ゆえお手伝いできなくて心が痛みます(ノ_<)


私にできる応援!そう飲んで応援!

みんなで日本酒のみましょうよ(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

お盆から 取扱開始の 新しいブランド

        『晴田Seiden』

 seiden.jpg

 

seidenkome.jpg

純米~純米吟醸~純米大吟醸


飲んでみました8月17日  by一正

こんばんは、雲沢ドライブインでむんじっこでした

ゲストに 草〇良一さん!(ドライブインの旦那さんとお友達なんです^^)

seiden3.jpg


seiden2.jpg


seidenn1.jpg

一緒に飲んでみました、晴田 雄山錦

はじめ甘みを感じる、

酸味と甘みのバランスがいい旨い酒でした


 

  

↓秋田にあるスガワラショップに来たくなったらポチットね

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ 
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ ←スガワラショップのある秋田に行きたいと思ったらこっちをね
にほんブログ村





2017-08-02 (水) | 編集 |

明日から 秋田市で 竿灯まつり が始まりますね^^


今年の詳しい竿灯まつりのご案内はこちらから↓

     竿灯まつり2017 

     http://www.kantou.gr.jp/index.htm


秋田市への行き帰りには 是非角館にも寄ってくださいねえ(。>(ェ)<。)エエェェェ

田沢湖・角館も いい思い出になりますよ\(//∇//)\


お待ちしております

↓東北のワインが飲みたくなったらぽちっとね

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ 
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ ←スガワラショップのある東北に行きたいと思ったらこっちをね
にほんブログ村