FC2ブログ
秋田・角館の小さい酒屋『スガワラショップ』家族経営の菅原家 飲んだワイン・お酒 新入荷情報等・・・
2018-03-29 (木) | 編集 |

27日は秋田市で定例のワイン会でした ^^

クラブ31~飲み頃ワインを楽しむ~イタリア編~

 c31w18m6.jpg

 c31w18m4.jpg

Endrizzi Trentino Brut Rose 2009

エンドリッツィ トレンティーノ ブリュット ロゼ エンドリッツィ

生産地:イタリア(トレンティーノ・アルト・アディジェ)

ブドウ:ピノ・ノワール種100

1855年、エンドリッツィ家は皇帝フランツ・ヨーゼフ1世支配下のオーストリア=ハンガリー帝国の統治下にあったこの地に来てワイン造りを始めました。現在は創始者であるフランシスコ・エンドリッツィ氏の孫のパオロ氏とドイツ出身の妻クリスティーヌによって運営されています。「ブリュットロゼ」はビアン・ディ・カステッロとチェンブラヴァーにある小さな段々畑のピノ・ノワールをバリックとステンレスタンクで醗酵。60カ月以上の瓶内二次醗酵と必要最低限のドサージュを行って造られています。

 

 Vigna di Capestrano Trebbiano D’Abruzzo 2012ヴィーニャ ディ カペストラーノ トレッビアーノ ダブルッツォ ヴァッレ・レアレ

生産地:イタリア(アブルッツォ州)ブドウ:トレッビアーノ種100

1997年、レオナルド・ピッゾーロ氏によってアブルッツォ州の山岳地帯、ポポリ国立公園内に設立されたワイナリーです。60haのブドウ畑を所有。内30haはワイナリーのあるポポリに、残りはカペストラーノ高原にあります。「ヴィーニャ・ディ・カペストラーノ」は15世紀から修道士たちによってワイン造りが行われていた歴史あるブドウ畑です。ステンレスタンクで醗酵後、シュール・リーの状態で1年以上の熟成を行って造られています。2012年産はガンベロロッソ2015年版でトレビッキエーリの白ワインの中から1つだけ選ばれる最高白ワインに選出されました。

 

Pinot Nero 2012ピノ ネロ ポデーレ・デッラ・チヴェッタイア

生産地:イタリア(トスカーナ州)ブドウ:ピノ・ネロ種100

ヴィンチェンツォ・トンマージ氏によってアペニン山脈の麓カゼンティーノ地域、ロメナ・ディ・プラトヴェッキオに設立されたワイナリーです。現在もブルゴーニュでワイン研究を続けているトンマージ氏はピノ・ノワールが大好きで、トスカーナでは極めて冷涼なこの地にピノ・ノワールを植えることを決断。ビオディナミによるワイン造りをスタートしました。「ピノ・ネロ」はセメントと一部木樽を使って天然酵母で醗酵。35年使用したバリックで12カ月とセメントタンクで6カ月熟成したワインをブレンドして造られています。

 

Giusto di Notri 2000

ジュスト ディ ノートリ トゥア・リータ

生産地:イタリア(トスカーナ州スヴェレート地区)

ブドウ:カベルネ・ソーヴィニヨン種50%,メルロ種30%、カベルネ・フラン種15%,プティ・ヴェルド種5

ヴィルジリオとリータ夫妻が、イタリアでも全く無名だったスヴェレートに畑を購入したのが1984年。1992年に初めて「ジュスト・ディ・ノートリ」が瓶詰めされリリースされました。そして僅か6ヴィンテージ目でメルロ種から造られる「レディ・ガフィ1997」がワイン・スペクテーター誌で100点を獲得。その後「レディ・ガフィ2000」がワイン・アドヴォケイト誌で100点を獲得するという快挙を成し遂げました。「ジュスト・ディ・ノートリ」はステンレス・タンク(一部オーク樽)で醗酵後、オーク樽でマロラクティック醗酵。バリック(新樽率70%)を使って1819ヶ月の熟成を行なって造られる、メドックタイプの傑作ワインです。

 

 Chianti Classico Giorgio Primo 2000

キアンティ クラッシコ ジョルジョ プリモ   ラ・マッサ

生産地:イタリア(トスカーナ州)

ブドウ:サンジョヴェーゼ種85%,メルロ種15

1989年、ナポリ出身のジャンパオロ・モッタ氏が家族の経営していた皮革製品のビジネスを辞めてワイン造りを目指して、キアンティ・クラッシコ地域の二つの生産者とボルドーで修行を始めました。1992年にグレーヴェ・イン・キアンティ地区のパンツァーノに25haのブドウ畑を購入しワインの生産をスタートさせました。

現在はキアンティ・クラッシコ協会を離れ、「ジョルジョ・プリモ」もカベルネ・ソーヴィニョン主体にメルロ種とプティ・ヴェルド種を混醸したボルドータイプとなっています。

2000年の「ジョルジョ・プリモ」はキアンティ・クラッシコを名乗っていた時期のものとなります。

 

sagrantino di Montefalco 25 anni 1997

サグランティーノ ディ モンテファルコ 25 アンニ

生産地:イタリア(ウンブリア州)生産者:アルナルド・カプライ サグランティーノ種100

1971年、繊維業で成功を収めたアルナルド・カプライ氏が夢であったワイン造りを行うため、5haのヴァル・ディ・マッジョのブドウ畑を購入しワイナリーを創設しました。現在は136haのブドウ畑を所有。長男マルコ氏と優秀なエノロゴ、アッティリオ・バーリ氏によって運営されています。25アンニ」は創業25周年を記念して1993年に初めて造られたサグランティーノの最高峰です。1997年産より連続してガンベロロッソでトレビッキエーリを獲得。

 

 Barolo Brucco Fiasco 1990

バローロ ブリッコ フィアスコ   アゼリア

生産地:イタリア(ピエモンテ州) ブドウ:ネッビオーロ種100

1920年、バローロで有名なカスティリオーネ・ファッレットの中心に設立された家族経営のワイナリーです。現在は4代目リイージ・スカヴィーノ氏を中心に妻のロレッラ、息子のロレンツォと共にワイナリーを運営しています。設立当時は伝統的なスタイルのバローロを生産していましたが、1980年代後半にバリックによる熟成をスタート。1995年にバローロを近代化したマルク・ディ・グラッツィア氏のグループに加入し、バローロボーイズの一員として人気を博しました。ワインは全て自社畑のブドウから生産。ブドウ畑はカスティリオーネ・ファッレット、セッラルンガ・ダルバ、モンテルーボ・アルベーゼに位置します。名高いクリュ畑であるブリッコ・フィアスコ、マルゲリア、ヴォゲラ・ブレア、サン・ロッコを所有。その中でも筆頭はやはりブリッコ・フィアスコです。「ブリッコ・フィアスコ」はステンレスタンクで醗酵。バリックによる24カ月の熟成と6カ月の瓶熟を行って造られています。

 

c31w18m.jpg c31w18m2.jpg c31w18m3.jpg

スポンサーサイト


2018-03-27 (火) | 編集 |

近くの山の色がふんわり色がかわってきました角館です


待ちに待っていた「美酒に設計」が昨日26日入荷いたしました\(^o^)/

美酒18着

まず予約分+&配達してもらいました

GW終わるまでは在庫確保できるかな~毎年ぎりぎり無かったような・・・(〃▽〃)

GWに飲みたい!と思っているかたはご一報くださいね

寄せておきますのでーーーーー


一緒に届いたのが つくり酒屋の甘酒(新着ですよォ━━(#゚Д゚#)━━!!)

茅舎あまさけ

雪の茅舎 つぶつぶあま酒(要冷蔵)

 300ml 600円税込

 

美酒18

美酒の設計 純米吟醸 無濾過生酒

    720ml 1,890税込

    1,800ml 3,780税込

秋田県内でも十数件のみの取り扱い商品です!

新酒のフレッシュ感を味わうなら 今スグ飲んでもいいし(#^.^#)

少しおいて味がもっとのってくるのを待ってもいいし

(お客様の中では、自分の冷蔵庫で1年熟成させてから

飲んでいるかたも!めちゃくちゃ美味しくなってるらしいです)


今年も 兵庫県産米の特等山田錦を使用してます

楽しみですね!








2018-03-19 (月) | 編集 |

一気に春めいてきた 角館です(* ´ ▽ ` *)

まだ寒いですから、防寒着はまだ離せません・・・


パラリンピックも終わってしまいましたが

キンキラに輝く金メダルのような日本酒が入荷しております


yamatosizuku.jpg

やまとしずく 純米大吟醸「雫取り生原酒」

720mlのみ 2,800税別(3.024円税込)

原料米:秋田酒こまち

精米歩合:45%

酵母:M310

日本酒度:ー1

酸度 : 1.4

アミノ酸度:0.8

 

小規模仕込みで丹念に醸した純米大吟醸を、袋吊にてしぼり、

雫部分だけをビン詰めした限定生原酒

馥郁たる、香りと味わいの広がりが楽しめます。

 

季節限定・本数限定・流通限定品

本数が少ないのでお早目に!

予約したい方はお電話0187-55-2242

メール sugawara_shop@ybb.ne.jp

 

飲みたいとおもったらポチッとね ↓
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ ← スガワラショップはワインでしょ!
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ秋田の酒好きはポチ!
にほんブログ村
 






2018-03-11 (日) | 編集 |

今年も「秀よし 雫オークション2018 」が行われました

雫18案内 雫18top  


雫18A 雫18B

 

見事!一番美味しいお酒をゲットして参りましたよォ━━(#゚Д゚#)━━!!

すぐに商品化に向けて動き出しましたので

楽しみにお待ちください!

 スガワラショップ 日本酒きき酒師no.3614 菅原一正 


飲みたいとおもったらポチッとね ↓
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ ← スガワラショップはワインでしょ!
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ秋田の酒好きはポチ!
にほんブログ村
 


3月30日に瓶詰め作業をしました。

ラベル作成にもう少しかかりそうです・・・|д゚)チラッ

もう少々お待ちくださいませ・・・

お花見には間に合わせますので( ^ω^)・・・





2018-03-08 (木) | 編集 |

薄手のコートを着て東京に行ってきました 一正です^^


久しぶりに生産者セミナーに参加してきました(3/6)

ドメーヌ・ド・ラルロ試飲セミナー

ドメーヌ・ド・ラルロの醸造責任者であるジェラルディンヌ・ゴド女史が初来日し、

生産者から直接情報を得られる貴重な会でした。

L3.jpg L27.jpg

 ホテル ニューオータニ トゥールダルジャン 東京 にて

L4.jpg  L11.jpg

 

 

L5.jpg L26.jpg

 

L6.jpg

 

L7.jpg

 

L8.jpg

 

L12.jpg

 

L13.jpg

 

L18.jpg

ニュイ・サン・ジョルジュ クロ・ド・ラルロ ブラン2015(モノポール)

はちみつ、ヘーゼルナッツ、レモン、柑橘系の香り。酸は少なめ、後半に口中で広がる

フィネスがある。 黒糖のような甘い果実の香りも・・・時間が経つと(2:55)凄い!

 


L19.jpg

コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ クロ・デュ・シャポー2015 

梅しそ香、土壌のミネラル、赤系果実・黒系果実を感じます。

すりつぶした果実やスパイシーさもあります。

 

L20.jpg

 ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ クロ・デ・フォレ・サン・ジョルジュ2015(モノポール)

 

L21.jpg

ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ クロ・デ・フォレ・サン・ジョルジュ2016(モノポール)(バレルサンプル)


 

L23.jpg

ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ レ・スショ2016(バレルサンンプル)

 

L24.jpg L17.jpg

 

L25.jpg  

 

 L31.jpg

 ゴド女史からサインと名刺をいただきました(〃▽〃) 

ドメーヌ ド・ラルロ → 通販 「在庫」

 

ワイン飲みたいとおもったらポチッとね
   ↓

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村



2018-03-03 (土) | 編集 |

3月に入ったというのに昨日の猛吹雪は参りました~

配達中 ホワイトアウト に何度も遭いましたよ(゚д゚)koegatta!


今日のお薦めは最近飲んで美味しかったチリワインですo(^▽^)o

もう~メチャクチャ私好み~(´∀`*;)ゞ

ホワイトデーのプレゼントにもいいですよ!


メルローFV 

ビーニャ トレス パラシオス

メルロー ファミリー ヴィンテージ 2013

         2,250円税込

「ビーニャ トレス パラシオス」

マイポ ヴァレーの西側に位置するチョルキ渓谷の中にあります。

マイポ川から南に9㎞、周りは海岸山脈に囲まれ、東側には海岸山脈の中でも最も高い山のひとつ、オルコン デ ピエドラ山がそびえています。また、西は太平洋から30㎞に位置し、海と山に囲まれた場所にあるため、夏場は海と山からの冷涼な風が畑を吹き抜けます。この恵まれた地理的条件のおかげで、畑の気温は暑くなりすぎることなく、葡萄はゆっくりと完熟することが出来ます。

チョルキ渓谷は、昼夜の寒暖差が激しく、この気温の変化が、葡萄に豊かなアロマをもたらしてくれます。また、火山由来の堆積土壌は、チリのセントラル ヴァレーの中でも他とは異なるテロワールを持っており、これがパラシオスのワインに独自性を与えるとともに、やわらかでエレガントな味わいをもたらします。
セラーは、醸造の効率を考え、畑の中心に建てられています。畑の区画ごとの仕込み、また葡萄の持つ可能性を最大限に引き出すための革新的な手法を実践できるように、様々なサイズのステンレスタンクを完備しています。また、セラーには、質の高いワイン醸造のために必要な性能をすべて備えた最新式の設備があります。また、セラーの中には約800個の樽を貯蔵することのできるバレルルーム、および熟成庫があります。ワイン造りの哲学は、葡萄そのものを尊重し、畑の個性が表現されたワインにすることです。醸造の際は、葡萄の抽出をしすぎないようにし、丸みがあり、調和のとれた味わいのワインを目指しています。熟成用の樽は、すべてフレンチオークの樽を使います。フレンチオークは、果実味を隠すことなく、ワインに複雑さを与えてくれると考えています。
トレス パラシオスのワインのスタイルは熟していて、まろやか、バランスがとれていて、常に樽よりも果実味が全面に出た味わいをしています。それぞれの品種は、チョルキ渓谷の畑の素晴らしいテロワールを忠実に反映したものになるように心がけています。
設立から間もなく、注目を集めるようになり、主要な国際ワインコンクールで多数受賞をするようになりました。

「メルロー ファミリー ヴィンテージ 2013」

何年もの調査の結果、最も優れた葡萄ができる最良の区画を選び、その畑の葡萄から造られています。収穫は手摘みで行い、除梗、破砕します。ワインそのものの良さをキープするためにフィルターなしでボトリングします。紫を帯びた濃い赤色。非常にエレガントでシルキーな口当たりです。濃厚な果実味の中に感じるバニラやコーヒー、樽のニュアンスがワインに複雑さを与えています。おいしい!

ワイン飲みたいとおもったらポチッとね
   ↓

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村