秋田・角館の小さい酒屋『スガワラショップ』家族経営の菅原家 飲んだワイン・お酒 新入荷情報等・・・
2013-09-29 (日) | 編集 |

2013/9/27
第121回ワイン会
121wine6.jpg
121wine1.jpg 121wine2.jpg 121wine3.jpg 121wine4.jpg 121wine5.jpg 


 WINE LIST ル・モンド 石郷岡シェフの思い出


1.Brut Reserve
ブリュット レゼルヴ
生産地:シャンパーニュ地方ヴァレ・ド・マルヌ地区パシー・シュール・マルヌ村
生産者:アラン・ナヴァール
ブドウ:ピノ・ノワール種,ピノ・ムニエ種,シャルドネ種 各1/3
アラン・ナヴァールはシャンパーニュ地方ヴァレ・ド・マルヌ地区のパシー・シュール・マルヌ村に1899年設立のダニエル・デュボワ家にアラン氏が婿入りして世代交代する形で設立されたRMです。
粘土石灰質土壌で栽培された平均樹齢35年のブドウを使いシャルドネ種の一部は225Lの樽で12ヶ月の熟成を行なっております。
「ブリュット・レゼルヴ」は2013年度リヨンワインコンールで大金賞を受賞しております。

2.Bourgogne 2011
ブルゴーニュ
生産地:ブルゴーニュ地方コート・ド・ボーヌ地区ピュリニー・ンラッシェ村
生産者:ドメーヌ・ジャン・ルイ・シャヴィー   ブドウ:シャルドネ種100%
ドーヌ・ジャン・ルイ・シャヴィーはピュリニー随一と言われコストパフォーマンスの高さで知られたジェラール・シャヴィー氏の引退に伴い、二人の息子が畑を半分ずつ分割相続して設立された兄ジャ・ル・シャヴィーのドメーヌです。「ブルゴーニュ」は0.8haで栽培された樹齢30年のブドウを使い、1~3回使用樽で10ヵ月の熟成を行なって造られたピュリニー村産のブルゴーニュワインです。


3.hateau Boyd-Cantenac 2008
シャトー ボイド=カントナック
生産地:ボルドー地方メドック地区カントナック村(AOCマルゴー)
格付け:第3級
ブドウ:カベルネ・ソーヴィニヨン種60%,メルロー種25%
カベルネ・フラン種8%,プティ・ヴェルド種7%(作付け)
現在の所有者であるリュシアン・ギュメ氏は1994年まで同じAOCマルゴー第3級格付け「シャトー・ジスクール」で栽培と醸造を行っておりましたが1995年にシャトーに戻り97年からは父に代わってシャトーの運営を行っております。
シャトーが所有するブドウ畑は17ha、20区画あり、区画ごとの醸造と長い樽熟成の後にブレンド比率を決定してめを行なって造られております。

ル・モンドのシェフの七回忌という事で奥様にもおこしいただきました、
懐かしい話がつきませんでした。

美味しい楽しい会でした。

スポンサーサイト
テーマ:ワイン
ジャンル:グルメ

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: