クラブ31 ワイン会 2012年 3月28日

第63回CLUB31 場所:秋田市 レストランおいしんぼ
WINE LIST テーマ:オーストラリア&ニュージーランド
1.Diamond Ridge Marlborough Sauvignon Blanc 2011
ダイアモンド リッジ マールボロ ソーヴィニヨン ブラン
生産者:ヴィンディコ・ワインズ    ブドウ:ソーヴィニヨン・ブラン種100%
同社はヨーロッパ及び英国で最大規模の高級ワインを取引する商社の設立者である
リチャード・マネル氏と、ホークス・ベイ地区の有名ワイナリー「ハットン・エス
テイト」のオーナーマイケル・デイモンド・キング氏の二人によって設立されたワ
イナリーです。 醸造はフランス、ジュラソンを代表する甘口ワインの造り手、ド
メーヌ・コアペの子息、ダヴィー・ラモントゥ氏が務めております。 

2.Polish Hill Riesling 2010
ポーリッシュ ヒル リースリング
  生産者:グロセット・ワインズ     ブドウ:リースリング種100%
グロセット・ワインズは1981年、ジェフリー・グロセット氏により設立されまし
た。 グロセットの旗艦ワインであるポーリッシュヒルは、オーストラリア・リー
スリングの可能性を世界に知らしめた名作です。 「ポーリッシュヒル」はマウン
ト・ホロックスの麓にあり、標高は460m。硬質石土壌。強固なストラクチャーが
あり、非常に長い余韻と長期間の熟成が可能なワインとなっております。 2010年
は過去30年で一番早い収穫で、高品質でバランスに優れたワインとなっております。

3.Art Series Chardonnay 2007
アート シリーズ シャルドネ
生産者:ルーウィン・エステート     ブドウ:シャルドネ種100%
ルーウィン・エステートは西オーストラリアの中心、パースから360キロ南下した
マーガレット・リヴァーにデニス・ホーガン夫妻によって1973年に設立された家族
経営のブテック・ワイナリーです。
オーストラリア・ワイン評論の重鎮ジェームズ・ハリデー氏に「BMWの値段で買え
るロールスロイス」と賞賛された「アートシリーズ・シャルドネ」を筆頭に数々の
国際大会で賞を受賞しております。 2007年は1月の大雨以外夏はほとんど雨が降
らず例年より数週間早い収穫となりましたが2月の穏やかな天候のお陰でしっかり
と熟した果実を収穫することができました。    ジェームズ・ハリデー:96点


4.Crimson Pinot Noir 2010
クリムゾン ピノ ノワール
生産者:アタ・ランギ     ブドウ:ピノ・ノワール種100%
アタ・ランギは1980年クライヴ・ペイトン、妻のフィル、クライヴの妹のアリソン
と彼女の夫オリヴァー・マスターズの4人によってマーテインボローに設立されま
した。 アタ・ランギとはマオリの言葉で「新しい始まり、夜明けの空」という意
味を持ちます。 アタ・ランギの名を世界に知らしめたピノ・ノワールは、ロンド
ンで開催される世界最大級のコンテスト、インターナショナル・ワイン&スピリッ
ツ・コンペティションで1995、1996、2001年と3度最優秀ピノ・ノワール・トロ
フィーを受賞しております。 「クリムゾン」は樹齢10~20年のブドウ樹から収穫
した手摘みのブドウを用いて、フランス産オーク樽(新樽20%)で9ぁ月の熟成を
行なって造られております。


5.Pinot Noir 2007
ピノ ノワール
生産者:ヤラ・イエリング     ブドウ:ピノ・ノワール種100%
ヤラ・イエリングは19世紀にはヴィクトリア州のワイン生産の中心となり、その後
1921年にブドウ栽培が途絶えてしまったヤラ・ヴァレー復活の先駆者となったベイ
リー・カローダス氏によって1969年に設立されました。
これは酒精強化ワインが主流だった当時、涼しいヤラ・ヴァレーでは酒精強化ワイ
ンに適したヘビーなワインの生産に不向きだったためでした。 そのご徐々に嗜好
が変わり、涼しく複雑で洗練されたワインができるヤラ・ヴァレーの地にカローダ
ス氏が注目したのでした。 「ピノ・ノワール」は6種類以上のクローンを栽培し、
ブレンドすることによって複雑さと深みのあるワインに仕上げています。

6.Larose 2002
ラローズ
生産者:ストーニーリッジ・ヴィンヤード
ブドウ:カベルネ・ソーヴィニョン種51%,マルベック種27%
      プティ・ヴェルド種11%、メルロー種8%,カベルネ・フラン種4%
  同社はオークランド近郊にあるワイヘキアイランドにあるカベルネブレンドによる
  スペシャリストとして有名なワイナリーです。 現在のオーナーであるスティーヴ
ン・ホワイト氏がニュージーランドでボルドー品種の栽培に最適な場所としてこの
地を選び、1982年にブドウ樹とオリーヴの樹を植えました。 そして偉大な評価を
受けたラローズ1987により世界的な評価を受けるようになりました。
ワインはステンレスタンクによって発酵後、マロラクティック発酵、フレンチとア
メリカンオーク樽(新樽100%)で1年以上の熟成を行なって造られております。

7.Standish Shiraz 2003
スタンディッシュ シラーズ
生産者:スタンディッシュ・ワインカンパニー     ブドウ:シラーズ種100%
同社はダン・スタディツシュ氏によってバロッサ・ヴァレーに設立されました。
スタンディッシュ氏は同じバロッサ・ヴァレーで不動の名声を誇るトルブレックで2005年まで働いていた経験を活かし古樹による高水準なワインを生産しております。 親から譲り受けたシラー種のブドウ畑はほとんどが樹齢96年という超V.V。平均樹齢でも90年を超えるものとなっております。 収穫量も異常なほど低く10~11hl/haとなっております。 発酵には天然酵母のみを使用。 熟成はフレンチオークで32ヶ月行なっております。
【ワイン・アドヴォケイト誌167号より】 P.P:99点
2003年のシラーズ(樹齢90年のヴァイン・ヴェールの畑のシラーズ100%)は、
1エーカー5トンの収量で、32ヵ月間、フランス産オーク樽で熟成。 驚くべき傑作で、非常に熟しており、たっぷりとしたブルーベリーやクレーム・ド・カシスの香りと、花や黒鉛、砕いた岩やミネラルのニュアンスが融合している。 ダン・スタンディッシュは、バロッサに出現したスーパースターであり、彼のワインは要注目だ。                     飲み頃予想:2006~2026年
ポチッとね↓
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

画像はこちら↓

Polish Hill Riesling 2010 Standish Shiraz 2003
Yarra Pinot Noir 2007 1200.jpg
Art Series Chardonnay 2007 Crimson Pinot Noir 2010
Larose 2002

20120328oi.jpg 20120328si.jpg
20120328n.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめteみた.【クラブ31 ワイン会の様子】

第63回CLUB31場所:秋田市レストランおいしんぼWINELISTテーマ:オーストラリア&ニュージーランド1.Dンを取引する商社の設立者であるリチャード・マネル氏と、ホークス・ベイ地区の有名...