秋田・角館の小さい酒屋『スガワラショップ』家族経営の菅原家 飲んだワイン・お酒 新入荷情報等・・・
2015-04-12 (日) | 編集 |
超~超~久々に 角館ワイン会
               ~角館町 料亭あたりや~


メンバーに結婚した人がいたり、出産もあったり、自分も忙しかったりと
なかなか開催されなかった会ですが、ひさびさにKちゃん幹事ではじまりました。

k410.jpg 

k41.jpg
 k43.jpg
k44.jpg
 
k45.jpg
 
k46.jpg
 
k47.jpg



 
  ワインリスト     2015/4/11

 

1.Comte de Beligny Brut

コント ブリニー ブリュット

生産地:シャンパーニュ地方

生産者:シャトー・ド・ブリニー

ブドウ:シャルドネ種50%,ピノ・ノワール種50

シャトー・ド・ブリニーはシャンパーニュ地方の最も南に位置する、コート・デ・バール地区の中心に位置する生産者です。シャトーを所有しかつ、自社ブドウ100%で生産を行なっているレコルタン・マニピュランはシャンパーニュでもシャトー・ド・ブリニーのみとなっております。「コント・ド・ブリー」30haの自社畑のブドウを使い、低温に保たれたステンレスタンクにて6ヶ月の醗酵後、地下のセラーで最低15ヶ月の瓶内二次醗酵を行なって造られた同社の看板銘柄となっております。

    

2.Bourgogne 2010

ブルゴーニュ

生産地:ブルゴーニュ地方ジュヴレ・シャンベルタン村

生産者:ドメーヌ・ピエール・ダモワ 

ブドウ:シャルドネ種100

「ドメーヌ・ピエール・ダモア」は1930年代にジュリアン・ダモア氏によって設立された歴史あるドメーヌです。 所有するブドウ畑の95%がジュヴレ・シャンベルタン。その内80%がグラン・クリュという同村を代表する生産者となっております。現在は1992年からドメーヌを引き継いだピエール・ダモワ氏がドメーヌを運営。 ブドウ栽培は基本的にリュット・レゾネ(減農薬農法)を実践し、化学肥料や除草剤などは使用しておりません。収穫されたブドウは30分以内に醸造所へ運び込まれ入念な選果が行なわれます。醸造はステンレスタンクで約4週間の醗酵後、アペラシオンにより30100%の新樽を使用して1624ヶ月の樽熟成を行なって造られております。ワインは酸が穏やかで熟した果実味たっぷりのスタイルとなっております。「ブルゴーニュ・ブラン・ラレ・ラヴリー」はドメーヌ所有の樹齢4045年のブドウと樹齢2525年の買い付けブドウを使いステンレスタンクをメインに熟成を行って造られています。

 

 

3.Bourgogne 2011

ブルゴーニュ

生産地:ブルゴーニュ地方

生産者:ドメーヌ・ピエール・ダモワ 

ブドウ:ピノ・ノワール種100

生産者説明:№2参照

「ブルゴーニュ・ルージュ」は豊かなボリュームを持った上級ワインに匹敵するワインです。

 

 

4.Chateau Lagrange 2004

シャトー ラグランジュ

生産地:ボルドー地方メドック地区サン・ジュリアン村

格付け:第3級

ブドウ:カベルネ・ソーヴィニョン種64%,メルロー種29

        プティ・ヴェルド種7%(作付け)

Ch.ラグランジュ」は17世紀まで遡る歴史あるシャトーで、デュシャテル伯爵が所有していた19世紀に絶頂期を迎えました。しかし1925年以降、センドーヤ家所有下になると大恐慌や戦争の影響により建物やブドウ畑が荒廃してしまいました。19831215日、欧米以外の企業によるフランス政府初の認可を受けたサントリーがシャトーの経営を引き継ぎました。サントリーは当時ボルドー大学でワイン醸造研究所の所長を務めていた醸造学者エミール・ペイノー博士に協力を依頼、彼の門下生であるマルセル・デュカス氏が総責任者に就任しました。その後、ブドウ畑の拡張や植え替え、醸造設備の近代化、そして庭園や館に至るまで多大な投資を行い修復が行われ、格付けに相応しい高品質なワインを生み出すシャトーへと見事に甦りました。

 
一杯目のコント ブリニー ブリュットはイースト香、花、〇〇〇でストレートに香りが立ち上がる。
泡の質もきめ細やか、久々に飲んだが良いシャンパーニュ♪♪
k48.jpg ピエール・ダルモアの白は、きれいなイエローカラーで、適度に熟した果実・オークなどの香りがなかなか素晴らしい。果実の厚みはほどほどだがバランスの良い酸に支えられ長い余韻が楽しめる。
ピエール・ダルモアの赤の方も素晴らしい!11年としてはやや濃い目のルビー色。香りも熟した赤黒系果実の香りと、樽香と共に高級感を漂わせる。充実した飲み応え有り!素晴らしいブル・ピノ *\^0^/*
k49.jpg 飲み頃に入った ラグランジュ2004  わずかにエッジに熟成を感じる色合いが見える、落ち着いた黒みがかったルビー色。黒い果実や土・土壌の香りと、オークが程よくなじんだ香り。味わいはサンジュリアンらしいバランスをもっていて、飲み頃で大変美味しかったー^O^。
料理もワインも贅沢ダッタナア・・・メンバー皆大喜び・・・よかったよかった・・・


ポチッとね↓
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ 

スポンサーサイト


コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: