秋田・角館の小さい酒屋『スガワラショップ』家族経営の菅原家 飲んだワイン・お酒 新入荷情報等・・・
2015-10-21 (水) | 編集 |

                               2015/10/20

87回CLUB31    秋田市:レストランおいしんぼにて~

  WINE LIST  ~ ロワール 熟成の世界
31w1510.jpg 31w1510d.jpg 31w1510c.jpg
31w1510b.jpg 
31w1510a.jpg 

31w1510i.jpg

 

1.Vouvray Brut

ヴーヴレ ブリュット

生産者:ドメーヌ・ブリュネ
  ブドウ:シュナン・ブラン種
100

ヴーヴレの北に広がる丘陵地に約13haのブドウ畑を所有し、シュナン・ブラン種のみをリュット・レゾネで栽培する生産者です。現在はエノロゴの資格を取得した9代目のニコラ・ブリュネ氏が中心となってワイン造りを行っています。シャンパン製法によりデコルジュマンまで3年をかけて造られた高品質なスパークリングワインです。 リヨン・コンクール2014にて金賞を獲得

 

 

2.Menetou-Salon 2012

メヌトゥー=サロン

生産者:ドメーヌ・フィリップ・ジルベール
  ブドウ:ピノ・ノワール種
100

5代目のオーナーであるフィリップ・ジルベール氏が1998年、「マイナー産地のメヌトゥー・サロンから最高級のワインを生み出す」という大志を抱きワイナリーを継承しました。所有するブドウ畑は27.5ha。そのうち55%にあたる15haでピノ・ノワール種が栽培されています。メヌトゥー・サロンはシャブリ地区に似たキンメリジャン土壌に粘土・石灰質が混じる土壌となっています。ワインはオーク樽による主醗酵&マロ・ラクティック醗酵後、9000Lのオーク樽で12ヶ月の熟成を行って造られています。  ワインアドヴォケイト誌:92

 

 

3.Muscadet Sevre et Maine Sur lie 1990

ミュスカデ セーヴル メーヌ シュール リー

生産者:ドメーヌ・ド・ボー・リュー
  ブドウ:ムロン・ド・ブルゴーニュ種
100

1950年、ヴァレ村に創業したドメーヌ。ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌに23haのブドウ畑を所有しています。2006年以降は3代目であるジャン・ルイ・トラヴェール氏がワイン造りを行っています。1990年は父、ジョセフ氏が醸造。

 

 

4.Pouilly Fume Joanne d’Orion 1985

プイィ フュメ ジョアンヌ ドリオン

生産者:ドメーヌ・ジトン
  ブドウ:ソーヴィニヨン・ブラン種
100

1945年、マルセル・ジトン氏によってサンセール地区のメネトレオル・スー・サンセール村に設立されたドメーヌです。1981年以降は息子のパスカル・ジトン氏がドメーヌを継承しワイン造りを行っています。

 

 

5.Chinon Clos d’Isore 1989

シノン クロ ディゾレ

生産者:ジャン・モーリス・ラフォー
  ブドウ:カベルネ・フラン種
100

1693年、サヴィニー・アン・ヴェロン村で創業した名門で、1997年に現当主、ロドルフ・ラフォー氏が継承しました。1989年は父、ジャン・モーリス・ラフォー氏が醸造。

 

6.Sancerre les Romaine 1990

サンセール ロマン

生産者:ドメーヌ・ジトン
  ブドウ:ピノ・ノワール種
100% 
生産者説明:№4参照

  

7.Coteaux du Layon Beaulieu 1969

コトー デュ レイヨン ボーリュー

生産者:ドメーヌ・ダンビーノ
  ブドウ:シュナン・ブラン種
100

1945年、アンジュ市の南、ボーリュー・シュル・レイヨン村に設立されたドメーヌです。1981年以降は現当主、ジャン・ピエール・シェネ氏によって運営されています。1969年は1979年までワイン造りを行っていた父、ピエール・シェーヌ氏が醸造。




熟成の素晴らしい世界を楽しむことができました!
出席者の皆さんも、とても喜んでいただけました! 


    こんなワイン会のワインをセレクトいたします。お気軽にご相談ください


飲みたいとおもったらポチッと応援お願いね!
   ↓
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: