秋田・角館の小さい酒屋『スガワラショップ』家族経営の菅原家 飲んだワイン・お酒 新入荷情報等・・・
2016-01-31 (日) | 編集 |
夕べのこんばんワイン!
夕飯の にぐかやきに、よく合います*\(^o^)/*
アルゼンチン 赤ワイン🍷
カベルネソーヴィニヨン種と書いてあるけど、呑んだ感じはマルベック(ーー;)あっれー⁉️ソフトで厚みがあって、飲みやすい!
甘辛い料理にベストマッチ!ワインスペクテーター91点
スガワラショップ 税込価格 1800円税込

       NORTON.jpg

エノテカさんの丁寧な説明文ものせておこう!

2015年5月30日(土)の日本経済新聞のNIKKEI プラス1
何でもランキングで見事1位を獲得!
今回のランキングは、『1度は飲みたいあの国のワイン』
ワインに詳しい専門家の推薦をもとに、輸入量上位5位のフランス、チリ、イタリア、スペイン、米国とドイツ、ポルトガル以外の国で生産された、3,000円程度までのワイン40本の中から、11人の専門家がブラインドで試飲し、味わいのユニークさ、ぜひ人に勧められるか、コストパフォーマンスなどの点で順位付けしたものを集計し、ランキングされました。
味わい豊かで優雅
上位を占めたアルゼンチンの代表的産地、メンドーサ州はアンデス山脈からの風とミネラル豊富な雪解け水に恵まれている。標高が高いため昼夜の気温差が激しくワイン造りに適している。ボデガ・ノートンはクリスタル・ガラスで有名なスワロフスキーが所有するワイナリーが、カベルネ・ソーヴィニヨンで造った1 本。 「女王の高貴さを感じる」(葉山考太郎さん)などと多くの選者が上位に選んだ。「きれいな香り。凝縮感の中に透明感もある。」(小松由加子さん)、 「味わい豊かでエレガント。バランスがよく美しい熟成。さらに寝かせても楽しめる」(林やよいさん)と味わいの深さに加え、「丁寧で志高く作られていて複 雑。このコストで飲めるのは素直にうれしい。」(本多康志さん)と価格面での評価も高かった。  (記事抜粋)
 
ボデガ・ノートンは、アルゼンチンの中でも「太陽とワインの州」と言われるアンデス山脈麓メンドーサ州で、ワイン造りを行っています。
この地方は1年のほとんどが晴天、昼夜の寒暖差が激しく、特に品質の高いブドウが収穫されます。さらに、1年を通じて乾燥した気候で、病害虫がいないため除草剤や殺虫剤の必要もありません。
つまり、太陽などの自然の恵みをたっぷり含んだ完熟したブドウから造られるのです。

カベルネ・ソーヴィニヨン・レゼルヴァは、ブラックチェリーやカシス、 プラムの香りが華やかで飲む前からその凝縮感がしっかりと感じられます。 豊富な果実味と濃厚なタンニン、そして ほのかな樽香のバランスがよく、フルボディの仕上がり。
濃厚な赤ワイン好きの方には特にオススメの1本です。 ステーキなどしっかりとしたお肉料理と合わせてお愉しみください。

スワロフスキー社が所有するワイナリー"ボデガ・ノートン"
しっかりとしたタンニンを感じるカベルネ・ソーヴィニヨン!

クリスタルで有名なスワロフスキー社が手掛ける
ハイコスパワインの代表格、ボデガ・ノートン。
どれもハイクオリティ&ハイコストパフォーマンスのワインは、
リーズナブルながら最高に美味しいワインです。

ボデガ・ノートンは、アルゼンチンの中でも「太陽とワインの州」と言われる
メンドーサ州で、ワイン造りを行っています。
この地方は1年のほとんどが晴天、昼夜の寒暖差が激しく、
特に品質の高いブドウ
が収穫されます。
さらに、1年を通じて乾燥した気候で、病害虫がいないため、
除草剤や殺虫剤の必要もありません。
すなわち、自然とオーガニックワインが造られるわけです。

近年では、ヘッドワインメーカーであるホルヘ・リッチテッリ氏が、
『ワインエンスージアスト』が選ぶ
2012年ワインメーカー・オブ・ザ・イヤーを受賞する
など、
名実共にアルゼンチンのトップワイナリーとしての地位を築いています。

このカベルネ・ソーヴィニヨン・レゼルヴァは、ブラックチェリーやカシス、
プラムの香りが華やかで飲む前からその凝縮感がしっかりと感じられます。
口に含むと豊富な果実味とタンニン、ほのかな樽香のバランスがよく、フルボディの仕上がり。
ステーキなどしっかりとしたお肉料理と合わせてお愉しみください。

しっかりとしたタンニンと、ほのかな樽香のバランスが非常に良い赤ワインです。
この機会に是非お試しください。


評価:ワインスペクテーター誌にて91点を獲得

ボデガ ノートン レゼルバ2012 ←通販へ
スポンサーサイト


コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: