秋田・角館の小さい酒屋『スガワラショップ』家族経営の菅原家 飲んだワイン・お酒 新入荷情報等・・・
2012-05-20 (日) | 編集 |
2012/5/12
第64回CLUB31 場所:レストランおいしんぼ
    WINE LIST テーマ:スペイン&ポルトガル
31wine0512no1.jpg

1.Dom Perignon 1996
ドン ペリニヨン 熟成感も出始め楽しめました。
2.Naveran Dama Extra Brut 2006&2007
ナヴェラン ダーマ エクストラ ブリュット 06の方がフレッシュ、ガス圧高い。
3.As Sortes 2008
アス ソルテス
 日本への輸入本数は最大でも120本程と大変稀少なワインとなっております。
ブラインドで飲むと良い樽熟させたシャルドネ(ブルゴーニュ)にしか思えない。


31wine0512no2.jpg


4.Eto Carta 2007
エト カルタ
生産地:ポルトガル、ポート&ドウロ   生産者:ニーポート社
彼の造るワインは多くのワインジャーナリストから高い評価を受けており、ワインスペクテイター誌やワインアドヴォケイト誌など多くのワイン専門誌で高得点をたたき出しております。
4.Tinto Pesquera Cranza 1996
ティント ペスケラ クリアンサ
生産地:スペイン、リベラ・デル・デュエロ
生産者:アレハンドロ・フェルナンデス   ブドウ:テンプラニーリョ種100%
5.Tinto Pesquera Reserva Millennium 1996
ティント ペスケラ レゼルバ ミレニアム
「ティント・ペスケラ・レゼルバ・ミレニアム1996」はアレハンドロ・フェルナン2000年の幕開け記念してマグナムボトルに瓶詰めした限定キュヴェ。古樹のブドウのみを使い、アリエ産の新樽100%で30ヶ月の熟成を行なって造られたワインとなっております。 クリアンサとの 使用樽の違いがよく分かる良いのみ比べでした。


31wine0512no3.jpg

6.Flor de Pingusu 2006
フロール デ ピングス
生産地:スペイン、リバラ・デル・デュエロ
生産者:ドミニオ・デ・イングス(ピーター・シセック)
ブドウ:テンプラニーリョ種100%
「ドミニオ・デ・ピングス」は1995年、サン・テミリオンのシンデレラワイン「Ch.ド・ヴァランドロー」で修行したデンマーク出身のピーター・シセック氏によって設立されました。 旗艦ワイン「ピングス」のセカンドワインである「フロール・デ・ピングス」は樹齢35年以上の古樹から収穫されたテンプラニーリョ種を使い、ステンレスタンクでアルコール醗酵、フレンチオーク100%でマロラクティック醗酵後、18ヵ月の熟成を行なって造られております。 パーカーポイント:94点 これだけで飲んでも十分!
7.Pingusu 2004
ピングス
生産者情報:№6参照
「ピングス」はファーストヴィンテージでパーカーポイント98点を獲得。
その後も100点を含む90点台後半高い評価を受け続けている「ピングス」ですが生産本数は極僅か。 オークションにも度々出品されるレアワインとなっております。ワインは4.5haのブドウ畑に植えられている樹齢75年のブドウを使い、蓋のない木樽でアルコール醗酵を行なった後、フレンチオーク100%でマロラクティック醗酵後、21ヶ月の熟成を行なって造られております。パーカーポイント:100点 原料ぶどうの品質の良さが感じとれる素晴らしいワイン。熟成が楽しみです。

8.Grahams Vintage Port 1985
グラハム ヴィンテージ ポート
生産地:ポルトガル  生産者:グラハム社
落ち着いた甘味で美味しかったです。

SUGAWARA SHOP
スポンサーサイト
テーマ:ワイン
ジャンル:グルメ

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
2012/5/12第64回CLUB31 場所:レストランおいしんぼ     WINE LIST テーマ:スペイン&ポルトガル1.Dom Perignon 1996ドン ペリニヨン 熟成感も出始
2012/05/20(Sun) 12:53:40 |  まとめwoネタ速neo