FC2ブログ
秋田・角館の小さい酒屋『スガワラショップ』家族経営の菅原家 飲んだワイン・お酒 新入荷情報等・・・
2018-08-01 (水) | 編集 |

夕べは秋田市で クラブ31ワイン会でした ^^一(一正)


31w7m.jpg

31w7e.jpg 31w7f.jpg 31w7h.jpg 31w7a.jpg 31w7b.jpg 31w7c.jpg

   106回CLUB31~ル・モンラッシェを楽しむ~

                           

WINE LIST

Laurent-Perrier La Cuveeローラン=ペリエ キュヴェ

生産地:シャンパーニュ地方(モンターニュ・ド・ランス)

ブドウ:シャルドネ種50%,ピノ・ノワール種30%,ピノ・ムニエ種20

同社の前身は1812年、アルフォンス・ピエルロ氏によってモンターニュ・ド・ランスに設立されたメゾンです。2代目によって大きく発展し、その後、醸造長のウジェンヌ・ローラン氏に譲渡されました。1939年にはシャンパーニュ地方の名士のひとり、マリー・ルイーズ・ド・ノナンクール氏によって買収。ノナンクール氏の手腕によりシャンパーニュ地方第5位の企業へと成長しました。「ラ・キュヴェ」は100以上のクリュから厳選されたブドウを使い、アッサンブラージュによりメゾンのスタイルである「フレッシュさ」、「エレガントさ」を表現しています。

  Marsannay les Longeroies 2014マルサネ ロンジュロワ

生産地:ブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ地区マルサネ村

生産者:ドメーヌ・ジャン・フルニエ ブドウ:シャルドネ種100

フルニエ家はルイ13世の時代からワイン造りを行っていたマルサネ最古の生産者です。現在はフランス国内外で醸造を経験したローラン・フルニエ氏が当主として意欲的にドメーヌ運営を行っています。所有するブドウ畑は「クロ・デュ・ロワ」、ロンジュロワ」など優良畑を中心に約14haを所有。その内10haは樹齢40年以上のヴィエイユ・ヴィーニュです。2004年からはビオロジックへの転換を進め、2008年に全ての区画で認証を受けました。「ロンジュロワ・ブラン」は0.7ha。樹齢8年のブドウを使い、全房のままゆっくりと時間をかけて圧搾後、300L500L600Lの木樽(新樽33%)で12カ月の熟成を行って造られています。

 

Marsannay les Longeroies 2014

マルサネ ロンジュロワ

生産地:ブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ地区マルサネ村

生産者:ドメーヌ・ジャン・フルニエ

ブドウ:ピノ・ノワール種98%,ピノ・ブーロ種2

生産者説明:上記と同じ

「ロンジュロワ・ルージュ」は6区画4.5ha。樹齢3070年のブドウを使い、60を除梗、40%は全房のまま醗酵。228L600Lの木樽(新樽40%)で12カ月の熟成後、600Lの木樽(34年使用)6カ月の熟成を行って造られています。

 

 Nuit-Saint-Georges Cuvee La Gerbotte 2014

ニュイ=サン=ジョルジュ キュヴェ ジェルボット

生産地:ブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ地区ニュイ・サン・ジョルジュ村

生産者:ドメーヌ・ド・ラルロ

ブドウ:シャルドネ種100%(VTによりピノグリ種も使用)

「ドメーヌ・ド・ラルロ」は1987年に、大手保険会社であるアクサ・ミレジムがネゴシアンのジュール・ブランが所有していたブドウ畑を買い取り設立したドメーヌです。「ドメーヌ・ド・ラルロ」ではブドウ栽培、醸造において自然な手法が心がけられており、創業時からビオディナミによるブドウ栽培が模索されていました。

1999年にブドウ畑の一部1.5haでビオディナミによるブドウ栽培を導入。2000年に3ha2001年に6ha2002年に10haと着実に増やし、2003年産からは所有する全てのブドウ畑でビオディナミによるブドウ栽培を行っています。

醸造は20149月からジェラルディンヌ・ゴド氏が務めています。

「ニュイ・サン・ジョルジュ・キュヴェ ジェルボット2015」は0.8ha、樹齢20年のブドウ畑から収穫したブドウをオーク樽(新樽20%)で15カ月の熟成を行って造られています。 


 Nuit-Saint-Georges Clos de L’Alot 2008

ニュイ=サン=ジョルジュ クロ ラルロ

生産地:ブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ地区ニュイ・サン・ジョルジュ村

生産者:ドメーヌ・ド・ラルロ

格付け:プルミエ・クリュ(モノポール)  ブドウ:ピノ・ノワール種100

モノポール(単独所有畑)である「ニュイ・サン・ジョルジュ・クロ・デ・ラルロ」は1.2haのブドウ畑から例年4,500本ほど造られ、「クロ・ド・フォレ・サン・ジョルジュ」と並ぶドメーヌの看板ワインとなっています。

 

Chassagne-Montorachet 1er Cru les Chaumees 2014

シャサーニュ=モンラッシェ プルミエ クリュ ショーメ

生産地:ブルゴーニュ地方コート・ド・ボーヌ地区シャサーニュ・モンラッシェ村

生産者:ドメーヌ・ギィ・アミオ・エ・フィス

格付け:グラン・クリュ(特級畑)   ブドウ:シャルドネ種100

ギイ氏と息子のティエリィ氏によって運営される「ギィ・アミオ」は、1920年にギイ氏の祖父にあたるアルセーヌ氏がシャサーニュ・モンラッシェ村に2haのブドウ畑を購入したことに始まります。現在所は約13haまでに拡大しており、グラン・クリュ畑「ル・モンラッシェ」を筆頭に多くのプルミエ・クリュ畑を所有。ドメーヌは名高いプルミエ・クリュ畑「レ・カイユレ」の裏手に位置し、シャサーニュ・モンラッシェを中心に20銘柄以上を生産しています。   「レ・ショーメ」はサントーバンと接する高地に位置します。石灰質の小石が多い

土壌でミネラリーなスタイルのワインが造られています。

 

Le Montrachet 2012

モンラッシェ

生産地:ブルゴーニュ地方コート・ド・ボーヌ地区シャサーニュ・モンラッシェ村

生産者:ドメーヌ・ギィ・アミオ・エ・フィス

格付け:グラン・クリュ(特級畑)   ブドウ:シャルドネ種100

生産者説明:上記に同じ

総面積7.998haの「ル・モンラッシェ」の内、ギィ・アミオはシャサーニュ側の斜面上部に0.1haを所有。樹齢は約80年。100%の新樽を使い1214ヶ月の熟成を行なって造られています。生産量は平均1樽から2樽。


最初の30分は香りもたってこなかったが、時間とともに素晴らしい香りに・・・

味わいも密度感も高く、ポテンシャルの高さを見せつけてくる素晴らしいワインでした。

今回も美味しい楽しい会でした^^
ワイン会やりたい!ぽちっとね

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ 
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ ←秋田でワイン会!な人はこっちをね
にほんブログ







スポンサーサイト


コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: