秋田・角館の小さい酒屋『スガワラショップ』家族経営の菅原家 飲んだワイン・お酒 新入荷情報等・・・
2012-10-15 (月) | 編集 |
2012/10/13
第120回ワイン会

Bellavista.jpgAWA.jpg 土瓶
河豚andたらだだみしろ えび
 kiantei.jpg beef.jpgバローロ

 WINE LIST

1.Franciacorta Cuvee Brut
フランチャコルタ キュヴェ ブリュット
生産地:イタリア(ロンバルディア州)
生産者:ベラヴィスタ社
ブドウ:シャルドネ種&ピノ・ビアンコ種80%,ピノ・ノワール種20%
イタリアのスパークリングワインの銘醸地、ロンバルディア州にあるフランチャコルタ。 このD.O.C.G.の筆頭として知られる生産者ベラヴィスタ社は1976年にヴィットリオ・モレッティ氏によって設立されました。
社名であるベラヴィスタとはイタリア語で「美しい眺め」、「風光明媚」などの意味を持ちます。
「フランチャコルタ・キュヴェ・ブリュット」は同社のスタンダードキュヴェにしてシャンパーニュと同じ製法で造られた特別なスパークリングワインです。



2.Father’s Eyes 2011
ファザーズ アイ
生産地:イタリア(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)
生産者:ディ・レナルド社
ブドウ:シャルドネ種100%
同社は伝統的な手法に最新のテクノロジーを取り入れた高品質・少量生産のワイン造りを行なっている生産者です。
同社白ワインの上級キュヴェである「ファザーズ・アイ」は小樽で7ヶ月の熟成を行なって造られた飲み応え十分なワインとなっております。






3.Chianti Classico 2009
キアンティ クラッシコ
生産地:イタリア(ピエモンテ州)
生産者:カステッロ・ディ・フォンテルートリ
ブドウ:サンジョヴェーゼ種90%,メルロー種,その他5%
マッツェイ家はカステッロ・ディ・フォンテルートリを1435年から6世紀、24代に渡り所有している名門です。マッツェイ家のワイン造りの歴史は古く12世紀にはワイン生産を行っていたことが記録されております。
23代目のラポ・マッツェイ氏は20世紀に渡りキアンティ・クラッシコ協会の会長を務め、キアンティ・クアッシコの品質向上とイメージの改善に尽力しました。
現在は24代目のフィリッポ氏とフランチェスコ氏の兄弟が運営を行っております。
カステッロ・ディ・フォンテルートリのブドウ畑はキアンティの生産地の中心カステッリーナ・イン・キアンティに位置し、土壌は岩が多く石灰岩質と砂岩質からなっております。ブドウ畑は4つのエリアに分かれ、区画は100以上に上ります。
またブドウ畑の管理から醸造までイタリア屈指のコンサルタント&醸造家にして「Mr.サンジョヴェーゼ」と称されるカルロ・フェッリーニ氏が行っております。
「キアンティ・クラッシコ」は標高300-450mのブドウ畑から収穫したブドウを使いフレンチオーク樽(新樽40%)で12ヶ月の熟成を行って造られております。

4.Barolo 2007
バローロ
生産地:イタリア(ピエモンテ州)
生産者:アゼリア社
ブドウ:ネッビオーロ種100%
バローロ地区において最も有名な生産者の一つであるアゼリアは家族経営の生産者で現在は4代目当主であるルィージ・スカヴィーノ氏によって運営されております。
同社が所有するブドウ畑は銘醸畑「ブリッコ・フィアスコ」を含む約12haで自然なブドウ栽培が行なわれております。
1995年にはバローロを近代化したマルク・ディ・グラッツィア氏のグループに加入。
バローロボーイズの一員として活躍しております。
「バローロ」はスロヴェニアとオーストリア産のオーク樽で24ヶ月の熟成を行なって造られております。

スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: