秋田・角館の小さい酒屋『スガワラショップ』家族経営の菅原家 飲んだワイン・お酒 新入荷情報等・・・
2016-03-01 (火) | 編集 |

久々の 角館ワイン会
     
       会場:風雅
fuuga1.jpgフランチャコルタ ロゼ で乾杯!
fuuga4.jpg fuuga3.jpg fuuga2.jpg fuuga5.jpg fuuga6.jpg fuuga7.jpg
ペンネ ゴルゴンゾーラが一番美味しかったのに画像がー。。。。
fuuga10.jpg  マグナムサイズの白、ラベルがロマンチック♪
フリウリ ヴェネツイアの辛口。きれいな黄色^^キラキラン
バニラ、バター、黄色の完熟果実の香り、
エレガントな綺麗な酸、深み奥行き、芳醇な果実味。
手間隙掛けないと出ない味わい、「ロマンス」が似合うワイン♪

fuuga9.jpg 
バルバレスコ・リゼルヴァ・ラバヤ 2008
香りは熟成が始まっているが、味わいはまだまだフレッシュ!
渋みの残るまだ少し若い印象ではあるものの、
エレガントな味わいはまさしく ロマネコンティやー
パーカーポイント96+の味わいって凄いよ!
軽めのイタリアンにはもってこいなワインでした。

今回は主人の変わりに祐子が参加いたしました!
参加の皆様、つたないエスコートで申し訳なかったす

fuuga.jpg

ワインも料理も会話も美味しかったです
ご馳走様でした!


fuuga8.jpg

WINE LIS
~イタリア~         
1.AFranciacorta Roze Brut2011

フランチャコルタ ロゼ・ ブリュット

生産地:ロンバルディア地方

生産者:フェルゲッティーナ

ブドウ:ピノ・ノワール種100

フランチャコルタの最高峰フェルゲッティーナ。
樹齢10年以上古木の葡萄使用

搾る時も35%までしか搾らず純粋な味わいを出します。
瓶内二次醗酵。36ヶ月熟成。

 

2.Vie di Romans Chardonnay Magunamu  2010

ヴィエ・ディ・ロマンス シャルドネ マグナム

生産地:フルウリ ヴェネツィア・ジューリア地方

生産者:アジィエンダ・アグリコーラ・ヴィエ・ディ・ロマンス 

ブドウ:シャルドネ種100

「北イタリアの巨匠」ジャンフランコ・ガッロが造り出す珠玉の白辛口。

ステンレスタンク低温マセラシオン醗酵。オーク樽熟成8ヶ月瓶熟成9ヶ月以上。

 

3.Barbaresco Riserva  Magunamu 2008

プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ・リゼルヴァ・ラバヤ 2008

生産地:ピエモンテ  

ブドウ:ネッビオーロ100

  パーカーポイント96+、バルバレスコのロマネ・コンティと大絶賛!

  

***   ワイン会のワインをセレクトいたします  ***
        お気軽にご相談くださいませ
     ちなみに 風雅さんは 持込料無料でございました。
        ワイングラスは持参いたしました。

ポチッと参加お願いね!
   ↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村


2016-01-22 (金) | 編集 |

今年一つ目のワイン会は
 秋田市 レストランおいしんぼ にてクラブ31


  31w01w1.jpg


31w01g.jpg 31w01r1.jpg 31w01r2.jpg 31w01r3.jpg


     89回CLUB31

    WINE LIST ~ アメリカ ~ 

 

1.Schramsberg Blanc de Noirs North Coast 2011

シュラムスバーグ ブラン ノワール ノース コースト

生産者:シュラムスバーグ・ヴィンヤーズ                                       ブドウ:ピノ・ノワール種89%,シャルドネ種11

同社は約150年前、ナパ・ヴァレーの山腹にジャイコブ・シュラム氏によって設立されました。1965年に所有者となったジャック・ディヴィーズ夫妻が商業用としてはアメリカ初となるシャンパーニュ方式のスパークリングワインを造りました。「ブラン・ド・ノワール」は1967年にアメリカ産初のブラン・ド・ノワールとして造られました。カーネロスとアンダーソン・ヴァレーのピノ・ノワールを、収穫量を抑えたソノマとマリンの海岸線沿いの畑から成るピノ・ノワールを混ぜ合わせて造られています。(メンバーに高評価!)

 2.Crossbarn by Paul Hobbs Chardonnay Sonoma Coast 2014

クロスバーン バイ ポール ホブス シャルドネ ソノマ コースト

生産者:クロスバーン・バイ・ポール・ホブス


ブドウ:シャルドネ種100

クロスバーンはポール氏のファミリーが150年以上経営しているニューヨーク州の農場の真ん中に佇む「納屋」のことで、自然の中で育った彼のお気に入りの遊び場でした。「シャルドネ」はソノマ・コーストの選び抜かれたブドウ畑から、手摘みで収穫されたブドウを使い、90%をステンレスタンクで醗酵、10%を樽醗酵後、5ヶ月間シュール・リーで熟成。20153月に瓶詰めされました。

 3.Miura Pinot Noir Santa Lucia Highlands 2014

ミウラ ピノ ノワール サンタ ルシア ハイランズ

生産者:ミウラ  ブドウ:ピノ・ノワール種100

ミウラはマスターソムリエの称号を持ち、サンフランシスコのリッツ・カールトンで名物ソムリエとして活躍したエマニュエル・メミジ氏と、カリフォルニア・ピノ・ノワールの名手セインツ・ベリーのワイン・メーカーとして名声を得たバイロン・コスギ氏がタックを組んで始めたワインで、カリフォルニアの特級畑とも言える名醸畑のブドウから単一畑のワインを生産しています。「ミウラ」はエマニュエル氏が子供の頃に住んでいたスペインの闘牛調教師の名前から来ています。2014年は2,251ケースを生産。(ほんのりイチゴミルクの香り^^)

   4.Brewer-Clifton Pinot Noir Santa Rita Hills 2013

ブリュワー=クリフトン ピノ ノワール アンタ リタ ヒルズ

生産者:ブリュワー・クリフトン ブドウ:ピノ・ノワール種100

同社は経歴の全く違うグレッグ・ブリュワー氏とスティーヴ・クリフトン氏がサンタ・バーバラのワインショップで出会い意気投合して始めたワイナリーです。「畑の本質をできる限り明確に伝える」というモットーの下に、なるべく人手を介入させないワイン造りを実践しています。1996年のファースト・ヴィンテージ以来高い評価を得ており、アメリカのワイン愛好家の羨望の的です。ワインは茎まで熟した状態のピノ・ノワールをそのまま全房醗酵。フレンチオークの旧樽のみを使い1218ヶ月の熟成を行って造られています。2013年は1,226ケースを生産。(強い香り、赤い果実、クラッシュした岩。モレ・サン・ドニに似ている。アフターに強い果実味)

    5Pats Hall Pinot Noir Sonoma Coast 2013

パッツ&ホール ピノ ノワール ソノマ コースト

生産者:パッツ&ホール ブドウ:ピノ・ノワール種100

同社はフローラ・スプリングス・ワイナリーでアシスタント・ワインメーカーを務めたジェームス・ホール氏とセールス・マネージャーだったドナルド・パッツ氏が設立したワイナリーです。このワインはソノマ・コーストを名乗れるグリーン・ヴァレー、ソノマ・ヴァレー、ロシアンリヴァー・ヴァレー内の数々の名高いブドウ畑のワインをブレンド。新樽40%のフレンチオークで熟成を行って造られています。(香ばしい香り、酸・タンニン・果実味のボリュームある味わい。)
 6.Paul Hobbs Pinot Noir Russian River Valley 2013

ポール ホブス ピノ ノワール ロシアン リヴァー ヴァレー

生産者:ポール・ホブス・ワイナリ ブドウ:ピノ・ノワール種100

天才醸造家ポール・ホブス氏が1991年に自身で設立したワイナリーです。各方面で高く評価され、カリフォルニアのベンチマークとなる代表的なワインとなりました。ワインは99日から104日の夜間に手摘みされたブドウを15日間のマセレーション後、天然酵母により開放式の小型ステンレスタンクで醗酵。新樽44%のフレンチオークで15ヶ月の熟成を行って造られています。(典型的ニューワールドスタイル!甘くかなりポートっぽい味わい。香り個性的。)

  7.The Hilt The Vanguard Pinot Noir Santa Rita Hills 2012

ヒルト ヴァンガード ピノ ノワール サンタ リタ ヒルズ

生産者:ザ・ヒルト     ブドウ:ピノ・ノワール種100

ザ・ヒルトはサンタ・バーバラ・カウンティの沿岸部、サンタ・リタ・ヒルズAVAとサンタ・マリア・ヴァレーAVA等の畑からシャルドネとピノ・ノワールを生産しています。サンタ・イネズ・ヴァレーの「JONATA」の姉妹ワイナリーで、将来を期待される才能あふれる若きマット・ディーズ氏が醸造を務めています。「ザ・ヴァンガード」は新樽45%と使用済55%のフレンチオークで熟成。果実味豊かなニューワールドスタイルで名前は「先駆者」を意味します。2012年は980本を生産。(香りに、紅茶・プーアル茶。 ボリュームもあるがエレガント。一番フランスのピノスタイルに近い。)

          セレクトSUGAWARA SHOP

3次会でご馳走になった クロード・デュガ ジュヴレ・シャンベルタン2003
この味わいにほっとした
猛暑の年にしては素晴らしいバランス、まだまだいけますね・・・

素晴らしく旨かった!!! 

31w013次会


いつか飲みたいと思った人
ポチッと参加お願いね!
   ↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村



2015-12-29 (火) | 編集 |
今年の最後の ワイン会は
クラブ31のお宝ワイン会でした。

15c3112f.jpg 

15c3112a.jpg 15c3112j.jpg 15c3112c.jpg
15c3112m.jpg 15c3112p.jpg 15c3112i.jpg


15c3112e.jpg15c31112k.jpg 15c3112d.jpg

15c3112b.jpg   15c3112g.jpg    

15c3112u.jpg 15c3112x.jpg 15c3112w.jpg 15c3112h.jpg

15c3112l.jpg  15c3112n.jpg  
 

CLUB31 お宝ワイン会

WINE LIST

 

  1.Comtes de Champagne Blanc de Blancs 2005

コント シャンパーニュ ブラン ブラン

生産地:シャンパーニュ地方モンターニュ・ド・ランス

生産者:テタンジェ    ブドウ:シャルドネ種100

同社はその名を社名に掲げるテタンジェ家が、今尚オーナー兼経営者である稀少な大手シャンパーニュ・メゾンです。初代ピエール・シャルル・テタンジェが義理の兄と協力して、ランスのマルケットリー城と1734年創業のフォレスト=フルノー社を購入したのが起源となっています。1930年からはテタンジェの名前でシャンパーニュの販売を始めました。「コント・ド・シャンパーニュ」は3代目当主のクロード・テタンジェ氏の発案でシャルドネ種100%のブラン・ド・ブランを1952年に一般市場向けとしては世界で最初に発売された銘柄です。商品名は十字軍の遠征からシャルドネ種の祖となるブドウの苗木を持ち帰った言われるシャンパーニュ伯爵ティボー4世に敬意を表して名付けられました。

 

  2.Puligny Montrachet Les Combettes 2008

ピュリニー モンラッシェ コンベット

生産地:ブルゴーニュ地方コート・ド・ボーヌ地区ピュリニー・モンラッシェ村

生産者:エティエンヌ・ソーゼ

格付け:1級    ブドウ:シャルドネ種100

戦前から戦後にかけてドメーヌの名声を築き上げた創業者エティエンヌ・ソーゼ氏の死後、孫娘ジャンニーヌと74年に結婚したジェラール・ブド氏がドメーヌを仕切ってきました。2000年からは娘のエミリーが本格的に加わりエティエンヌ・ソーゼ3代目としての修行を行なっております。1990年、ソーゼ氏のブドウ畑はひとり娘コレットの夫であるジャン・ボワイヨ氏と、その長男ジャン・マルク・ボワイヨ氏にも分与され、モンラッシェや1級畑のガレンヌなど一部のブドウ畑を失ってしまいました。その為、それまでの需要に応えることが出来なくなり、購入ブドウを100%使用するワイン、自社畑と購入ブドウをブレンドするワイン、自社畑のみのブドウから生産するワインという3パターンのワインが生産されています。しかし、買付けブドウも専売契約が全体の9割を占め、ジェラール氏が剪定、収量、収穫日を決定、収穫チームを編成するなど、ドメーヌものと全く遜色のないものとなっております。「ピュリニー・モンラッシェ・レ・コンベット」はドメーヌが所有する1級畑で最も評価が高く、特級ワインと同格の品質となっています。所有面積:0.96ha

  3.Chevalier Montrachet 2008

シュヴァリエ モンラッシェ

生産地:ブルゴーニュ地方コート・ド・ボーヌ地区ピュリニー・モンラッシェ村

生産者:エティエンヌ・ソーゼ

格付け:特級    ブドウ:シャルドネ種100

生産者詳細:№2参照

ソーゼの「シュヴァリエ・モンラッシェ」は買い付けブドウから生産されています。

 
4.Chabertin Clos de Beze 2005

シャンベルタン クロ ベーズ

生産地:ブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ地区ジュヴレ・シャンベルタン村

生産者:プリューレ・ロック

格付け:特級    ブドウ:ピノ・ノワール種100

ドメーヌはアンリ・フレデリック・ロック氏によって1988年に創立されました。

ロック氏の母親はルロワ家の生まれでラルー・ビーズ・ルロワ女史の甥にあたります。兄の突然の死によって、期せずして世界中のワインファン垂涎のDRCの共同経営者も務めています。ドメーヌ・プリューレ・ロックでは古文書を研究し、700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ実行しています。ロック氏曰く「これは微生物を活性化させることにより肥沃な土壌を維持し、宇宙の摂理と調和を目指した栽培方法である」栽培では除草剤などの農薬や科学肥料は一切用いず、必要に応じて有機肥料(ブドウの樹と自らのワインを醗酵させた時の搾りカス、牛糞などを寝かせたもの)を最低限用いています。

醸造では収穫したブドウを丁寧に選果した後に、房をそのまま醗酵槽に入れます。醗酵は木樽を使い野生酵母のみを用いて行っています。また、醸しは人の足でブドウを潰して行うという古来のワイン造りに拘り、滓引きもせずノン・フィルターで瓶詰めします。熟成に使用する樽の木材はDRC社が50年以上前に伐採前の樹を買い付けてあったものを共同で使用しています。「シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ」は7世紀からベーズ修道院の修道士によって管理されていた銘醸畑で、ドメーヌが所有するブドウ樹は樹齢が80年以上の老樹となってます。

 

   5.Chateau Leoville Las Cases 1975 Magnum

シャトー レオヴィル ラス カーズ

生産地:ボルドー地方メドック地区サン=ジュリアン村

格付け:第2級

ブドウ:カベルネ・ソーヴィニヨン種68%,メルロー種19

カベルネ・フラン種13%,プティ・ヴェルド種3%(作付け)

サン・ジュリアン村にある「Ch.レオヴィル・ポワフェレ」、「Ch.レオヴィル・バルトン」と共にレオヴィルを名乗る3つのシャトーのひとつである「Ch.レオヴィル・ラス・カーズ」は品質において1級シャトーと同等の評価を受けるボルドー最高の1本となっています。歴史的にはナポレオンのセント・ヘレン島配流に随行したレオヴィル侯爵が所有。メドックでも最大級のブドウ畑でしたが、フランス革命後に3つに分割されました。このうち「Ch.レオヴィル・ラス・カーズ」が最大の面積を所有しており、ブドウ畑の一部は隣村するポイヤック村の1級シャトー「Ch.ラトゥール」の地続きとなっております。

  

  6.Chateau Margaux 1989

シャトー マルゴー

生産地:ボルドー地方メドック地区マルゴー村

ブドウ:カベルネ・ソーヴィニヨン種75%、メルロー種20

カベルネ・フラン種&プティ・ヴェルド種5
1960年代~70年代の「Ch.マルゴー」は当時の所有者であつたジネステ家の財政的な困難から十分な管理がなされず豊かさや凝縮感、高貴さに欠けるものでした。しかし1977年にアンドレとラウラ・メンツェロプロス夫婦がシャトーを購入。莫大な資金を投入してブドウ畑や醸造所、地下セラーの大規模な整備を行うと共に有能なエミール・ペイノー氏をコンサルタントに招請するなど、第1級格付けシャトーとして輝かしい復活を遂げました。現在は娘のコリンヌ・メンツェロプロスとシャトーの品質向上に多大な貢献を果たしてきた高名な総支配人ポール・ポンタリエ氏の下、第1級シャトーとして不動の品質を維持しております。

 

7.Chateau Latour 1978

シャトー ラトゥール

生産地:ボルドー地方メドック地区ポイヤック村

ブドウ:カベルネ・ソーヴィニヨン種75%、メルロー種20

カベルネ・フラン種4%、プティ・ヴェルド種1

「ラトゥール」は1963年から1989年まで英国のピアソン家によって運営されておりました。ピアソン家はステンレスタンクの醗酵槽の導入やブドウ畑の徹底した点検を行い状態の悪いブドウ樹はすべて植え替えるなど現在のシャトーの基礎となる大改革を行いました。その後、英国のアライド・ライオンズ社の経営を経て1993年にフランス人実業家のフランソワ・ピノー氏が購入、フランス人の手に戻ることになりました。現在は1994年にわずか30歳で営業担当デレクターとして起用されたフレデリック・アンジェラ氏が34歳にして総支配人に就任。栽培、醸造、人事など大胆な改革を行い見事にシャトーを運営しております。

 

 

8.Romanee-Saint-Vivant 2002

ロマネ=サン=ヴィヴァン

生産地:ブルゴーニュ地方ヴォーヌ・ロマネ村

生産者:ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ  ブドウ:ピノ・ノワール種100

世界で最も尊敬される生産者「ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社=DRC」。

ワイン愛好家垂涎の的である「ロマネ・コンティ」を所有することでも知られる

 

DRCは現在7つの赤のグラン・クリュ「ロマネ・コンティ」、「ラ・ターシュ」、「リシュブール」、「ロマネ・サン・ヴィヴァン」、「グラン・ゼシェゾー」、「エシェゾー」、「コルトン」と1つの白のグラン・クリュ「モンラッシェ」という宝石のごときワインを生産しており、そのすべてが世界最高品質のワインとなっております。現在はオベール・ド・ヴィレーヌ氏とアンリ・フレデリック・ロック氏の共同でドメーヌを所有しております。醸造は1946年から栽培・醸造責任者を務めていた父アンドレ・ノブレ氏のあとを継いで1985年から醸造責任者になったベルナール・ノブレ氏が行っております。DRCは「ロマネ=サン=ヴィヴァン」のクリュ総面積9.4372haのうち、5.2858haを所有。畑は標高250mから255m、リシュブールの下部にあり、重い粘土質となっています。

 

 

9.Grand Echezeaux 1999

グラン ゼシェゾー

生産地:ブルゴーニュ地方フラジェ・エシェゾー村

生産者:ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ

ブドウ:ピノ・ノワール種100

生産者詳細:№6参照

世界で最も尊敬される生産者「ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社=DRC」。

ワイン愛好家垂涎の的である「ロマネ・コンティ」を所有することでも知られるDRCは6つの赤のグラン・クリュ「ロマネ・コンティ」、「ラ・ターシュ」、「リシュブール」、「ロマネ・サン・ヴィヴァン」、「グラン・ゼシェゾー」、「エシェゾー」と1つの白のグラン・クリュ「モンラッシェ」という宝石のごときワインを生産しており、そのすべてが世界最高品質のワインとなっております。現在はオベール・ド・ヴィレーヌ氏とアンリ・フレデリック・ロック氏の共同でドメーヌを所有しております。醸造は1946年から栽培・醸造責任者を務めていた父アンドレ・ノブレ氏のあとを継いで1985年から醸造責任者になったベルナール・ノブレ氏が行っております。DRCの「グラン・ゼシェゾー」はクリュの中心部分にあり総面積9.1445haのうち3.5263ha1区画で所有しております。

 

10Chateau d’Yquem 1986

シャトー ディケム

生産地:ボルドー地方ソーテルヌ地区

作付け:セミヨン種80%,ソーヴィニヨン・ブラン種20%(作付け)

1855年、ソーテルヌとバルザックの優れた甘口ワインの格付けが行なわれた際に、

Ch.ディケム」は1級格付けのワインとは別格扱いの、特別第1級(プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ)という栄冠に輝きました。Ch.ディケム」はソーテルヌの中心、多くの第1級シャトーに囲まれた小さな丘の頂に位置し、100haを越えるブドウ畑を所有しております。ブドウの摘み手は、ほとんどが常雇いの熟練した人間で、完熟した貴腐ブドウの粒のみを収穫しております。醗酵は新しい樫樽で行なわれ、42ヶ月におよぶ樽熟成を行なって造られています。造られるワインは、もっとも偉大なソーテルヌであり世界最高のデザートワインとして知られております。現在シャトーは1785年から1997年まで所有してきたリュル・サリュース家からLVMHに所有者が変わっております。


一年のしめくくりにふさわしい 素晴らしいワイン達でした

会が終わってから ル・ヴェールで クレマン1976 ラムです

ルヴェール201512  1976ラム









2015-10-21 (水) | 編集 |

                               2015/10/20

87回CLUB31    秋田市:レストランおいしんぼにて~

  WINE LIST  ~ ロワール 熟成の世界
31w1510.jpg 31w1510d.jpg 31w1510c.jpg
31w1510b.jpg 
31w1510a.jpg 

31w1510i.jpg

 

1.Vouvray Brut

ヴーヴレ ブリュット

生産者:ドメーヌ・ブリュネ
  ブドウ:シュナン・ブラン種
100

ヴーヴレの北に広がる丘陵地に約13haのブドウ畑を所有し、シュナン・ブラン種のみをリュット・レゾネで栽培する生産者です。現在はエノロゴの資格を取得した9代目のニコラ・ブリュネ氏が中心となってワイン造りを行っています。シャンパン製法によりデコルジュマンまで3年をかけて造られた高品質なスパークリングワインです。 リヨン・コンクール2014にて金賞を獲得

 

 

2.Menetou-Salon 2012

メヌトゥー=サロン

生産者:ドメーヌ・フィリップ・ジルベール
  ブドウ:ピノ・ノワール種
100

5代目のオーナーであるフィリップ・ジルベール氏が1998年、「マイナー産地のメヌトゥー・サロンから最高級のワインを生み出す」という大志を抱きワイナリーを継承しました。所有するブドウ畑は27.5ha。そのうち55%にあたる15haでピノ・ノワール種が栽培されています。メヌトゥー・サロンはシャブリ地区に似たキンメリジャン土壌に粘土・石灰質が混じる土壌となっています。ワインはオーク樽による主醗酵&マロ・ラクティック醗酵後、9000Lのオーク樽で12ヶ月の熟成を行って造られています。  ワインアドヴォケイト誌:92

 

 

3.Muscadet Sevre et Maine Sur lie 1990

ミュスカデ セーヴル メーヌ シュール リー

生産者:ドメーヌ・ド・ボー・リュー
  ブドウ:ムロン・ド・ブルゴーニュ種
100

1950年、ヴァレ村に創業したドメーヌ。ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌに23haのブドウ畑を所有しています。2006年以降は3代目であるジャン・ルイ・トラヴェール氏がワイン造りを行っています。1990年は父、ジョセフ氏が醸造。

 

 

4.Pouilly Fume Joanne d’Orion 1985

プイィ フュメ ジョアンヌ ドリオン

生産者:ドメーヌ・ジトン
  ブドウ:ソーヴィニヨン・ブラン種
100

1945年、マルセル・ジトン氏によってサンセール地区のメネトレオル・スー・サンセール村に設立されたドメーヌです。1981年以降は息子のパスカル・ジトン氏がドメーヌを継承しワイン造りを行っています。

 

 

5.Chinon Clos d’Isore 1989

シノン クロ ディゾレ

生産者:ジャン・モーリス・ラフォー
  ブドウ:カベルネ・フラン種
100

1693年、サヴィニー・アン・ヴェロン村で創業した名門で、1997年に現当主、ロドルフ・ラフォー氏が継承しました。1989年は父、ジャン・モーリス・ラフォー氏が醸造。

 

6.Sancerre les Romaine 1990

サンセール ロマン

生産者:ドメーヌ・ジトン
  ブドウ:ピノ・ノワール種
100% 
生産者説明:№4参照

  

7.Coteaux du Layon Beaulieu 1969

コトー デュ レイヨン ボーリュー

生産者:ドメーヌ・ダンビーノ
  ブドウ:シュナン・ブラン種
100

1945年、アンジュ市の南、ボーリュー・シュル・レイヨン村に設立されたドメーヌです。1981年以降は現当主、ジャン・ピエール・シェネ氏によって運営されています。1969年は1979年までワイン造りを行っていた父、ピエール・シェーヌ氏が醸造。




熟成の素晴らしい世界を楽しむことができました!
出席者の皆さんも、とても喜んでいただけました! 


    こんなワイン会のワインをセレクトいたします。お気軽にご相談ください


飲みたいとおもったらポチッと応援お願いね!
   ↓
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村


2015-06-07 (日) | 編集 |
女子会ワイン会 ~スペイン~
       2015.5.28   ~角館 しちべえ~

スペインワインにもうん万円の素晴らしい高級ワインもありますが・・・・
女子会は飲みやすくて 美味しい~~~のが一番^O^

しちべえ5w5 しちべえ5w1
スペインのスパークリングといったら CAVA 、カバと言ったら日本ではヒッポの事~かわいいラベル
しちべえ5w2
楽器ラベルの白辛口
しちべえ5w4


しちべえ5w7
2015/05/28
      WINE LIST ~スペイン~

1. Cava Hippo Cuvee UENO M44
カバ ヒッポ キュヴェ ウエノ エム44
ブドウ:チェレッロ種35%,マカベオ種35%,パレリャーダ種30%
1882年(明治15年)に日本で最初の動物園として開園した上野動物園に、1911年(明治44年)に日本初となるカバがやってきました。その史実に基づいて造られたのが「キュヴェ・ウエノ・M44」。売上金の一部が上野動物園サポーターとして寄付されています。
※ Cava(カバ)とはシャンパーニュと同様に瓶内二次醗酵によって造られたスペイン産のスパークリングワインです。

2. Sinfonia Verdejo 2014
シンフォニア ベルデホ
生産者:ボデガス・アバニコ   ブドウ:ベルデホ種100%
ボデガス・アバニコは2006年、イギリス人で元ワインバイヤーのファファエル・デ・ハーン氏によって設立された会社でスペイン全土のワインを販売してきました。
2001年にはバルセロナに移住。2006年からはパートナーであるヌエラ・アルテス氏と共同でワイン造りを始めました。
「ベルデホ」はステンレスタンクで醗酵・熟成を行って造られています。

3. Sinfonia Vintage Collection Cabernet Sauvignon 2013
シンフォニア ヴィンテージ コレクション カベルネ ソーヴィニヨン
生産者:ボデガス・アバニコ   ブドウ:カベルネ・ソーヴィニヨン種100%
今回の会で一番反応が大きかったワイン 赤ワイン好きにはたまらん味わい!

4. Tridente 2012
トリデンテ
生産者:ボデガス・トリデンテ   ブドウ:テンプラニーリョ種100%
2008年がファースト・ヴィンテージとなるボデガス・トリデンテ。ワインメーカーはフランク・ゴンザレス氏が2009年から務めています。
「トリデンテ」とは水の神が持っている三又槍のことで、このエリアは水がとても大切なことから名前が付けられました。
樹齢70年のテンプラニーリョを使いステンレスタンクで醗酵。その後フレンチオークの新樽で12ヶ月の熟成を行って造られています。
ラベルが目を引き 店頭でもジャケ買いの多い このボトル。実は味わいも凄いGOOD!
まず香りがいい!果実の甘み旨味がブワ~っときてから、味わい深さがどんどんせまってくるぅ~~~^u^